公共のUSB充電器でiPhoneなどがマルウェアに感染!FBIが警告

投稿日:

by kenji

iPhoneはiOSアップデートにより、セキュリティパッチが頻繁に行われており、ウイルスやマルウェアに関して比較的安全だと言われていますが、公共のUSB充電器でマルウェアに感染する可能性について、FBIが警告しているとのことで、話題になっています。

公共のUSB充電器でiPhoneなどがマルウェアに感染することをFBIが警告

Apple Insiderによると、米国連邦捜査局(FBI)はTwitterで、iPhoneやMacの所有者に、マルウェアや監視ソフトウェアに感染する可能性があるので、公共の無料のUSB充電器を使用しないよう警告したとのことです。

空港、ホテル、ショッピングセンターの無料充電ステーションの使用は避けてください。悪意のある攻撃者は、パブリックUSBポートを使用してマルウェアや監視ソフトウェアをデバイスに導入する方法を見つけ出しました。ご自身の充電器とUSBコードを携帯し、代わりにコンセントを使用してください。

iPhoneやiPadのiOSとiPadOSには、新しいアクセサリを接続したときに「このデバイスを信頼する」か尋ねるプロンプトが含​​まれており、ユーザーの許可なくデータ転送が発生しませんが、充電器に接続したときに、デバイスにこのような通知が表示された場合は、すぐに切断する必要があります。

しかし、マルウェアなどの攻撃自体が巧妙な場合は、通知が表示されずバイパスされる可能性があり、iPhoneなどのデバイスをアクティブに使用している場合には、プロンプトがまったく表示されない場合があります。

FBIは公共の無料のUSB充電器を使用する代わりに、デバイスの所有者に、他の人が提供するものに依存するのではなく、自分の充電器とUSBケーブルを使用することをすすめています。

iPhoneで通知が来ない!5つの原因と10個の解決方法


関連記事