Apple Watchシリーズ8が命を救う!衝突事故検出機能で20メートル転落した3人を救助

投稿日:

by saki

Apple

iPhone14シリーズやApple Watchに新機能として搭載された衝突事故検出機能ですが、重大な交通事故が発生し、20メートル転落した3人が救助されたことがレポートされ、話題になっています。

Apple Watch8の衝突事故検出機能で20メートル転落した3人を救助

衝突事故検出機能は、iPhone14シリーズ全モデル、Apple Watch8、Apple Watch Ultra、Apple Watch SE2でデフォルトで有効になっている機能で、重大な自動車事故が検出された場合にデバイスが救助を要請できる機能です。

9to5Macによると、ドイツの地方紙Mittelbayerische ZeitungHeise Onlineは、先週月曜日に発生した道路わきの堤防から20メートル転落した自動車事故についてレポート。

Apple Watchは、シュタイナッハ (シュトラウビング-ボーゲン地区)近くの道路B20での交通事故を、月曜日の早朝午前2時13分にシュトラウビング統合管制センターに緊急通報しました。

調査によると、車はB20を走行していたときに車線を右に逸脱し、緑地帯を通り抜け、道路わきの堤防から20メートル転落。

3人の乗客は、事故で車両に閉じ込められ、事故の目撃者はなく、上の道路からも見ることができませんでした。

このとき、Apple Watch8の衝突事故検出機能が作動し、3人の乗客に代わって緊急サービスに電話をかけました。

Apple Watch8 は、事故の正確な場所を緊急サービスと自動的に共有し、警察と消防隊の救助隊員は、事故現場に駆け付けることができたとのことです。

事故を起こした自動車の運転手は軽傷でしたが、他の2人の乗客は重傷で、近くの病院に運ばれ手当てを受けたとのことです。

先月、日本の北アルプスで、消防署に、スキー場で転倒した際にiPhone14などから自動発信される不要な緊急通報が相次ぐ事態が発生していることがレポートされました

海外でも、スキーやジェットコースターでiPhone14などの衝突事故検出機能が誤作動することがレポートされていますが、実際の事故で活躍するニュースも増えています。

先週正式にリリースされたiOS16.3.1では、衝突事故検出機能の最適化が含まれています。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

写真:Apple

関連記事