iOS15.7.3とiPadOS15.7.3リリース!目的はセキュリティアップデート

投稿日:

by saki

Apple

iOS15.7.2を公開してから6週間、Appleは本日iPhoneとiPadユーザー向けのiOS15.7.3とiPadOS15.7.3でセキュリティアップデートをリリースしました。

iOS15.7.3とiPadOS15.7.3はiOS16とiPadOS16にアップグレードできないユーザーを対象としています。

iPhone iOS15.7.3

AppleのiOS15.7.3のリリースノートは、以下の通りです。

このアップデートには重要なセキュリティ修正が含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

iOS15.7.3は、セキュリティ強化が目的で、新機能はありません。

iPadOS15.7.3

AppleのiPadOS15.7.3のリリースノートは、以下の通りです。

このアップデートには重要なセキュリティ修正が含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

iPadOS15.7.3は、セキュリティ強化が目的で、新機能はありません。

iOS15.7.3とiPadOS15.7.3のセキュリティアップデートの内容

Appleによると、iOS15.7.3とiPadOS15.7.3には5個のセキュリティアップデートが含まれ、内容は以下の通りです。

対象機種

iOS15.7.3とiPadOS15.7.3の対象機種は、以下の通りです。

iPhone 6s (全モデル)、iPhone 7 (全モデル)、iPhone SE (第1世代)、iPad Air2、iPad mini4、およびiPod touch (第7世代)

内容

iOS15.7.3とiPadOS15.7.3のセキュリティアップデートの内容は、以下の通りです。

Kernel:アプリが機密性の高いカーネル状態をリークできる可能性があるバグ修正

Kernel:アプリがカーネル権限で任意のコードを実行できる可能性があるバグ修正

Mail Exchange:Exchange:アカウントから電子メールを転送するときに、引用された元のメッセージが間違った電子メールから選択される可能性があるバグ修正

Maps:アプリがプライバシー設定をバイパスできる可能性があるバグ修正

Screen Time:アプリがユーザーの連絡先に関する情報にアクセスできる可能性があるバグ修正

iOS16にアップデートできないiPhone 6sやiPhone7などのデバイスは、iOS15.7.3で最新のセキュリティパッチを取得できます。

AppleはiOS14で同様のセキュリティアップデートを行いましたが、数か月後に削除されたため、iOS15のアップデートがいつまで続くのかは不明です

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:Apple 写真:Apple

関連記事