Apple Music Classicalアプリの開発継続が判明!iOS16.3RCのコード分析で

投稿日:

by saki

Apple

Appleは、専用のクラシック音楽サービス「Apple Music‌ Classical」用のアプリを2022年中にリリースすると予想されていましたが、現在も開発中であることがiOS16.3RCのコード分析で判明し、話題になっています。

iOS16.3RCのコード分析でApple Music Classicalアプリの開発継続が判明

MacRumorsによると、Appleのソフトウェアの分析を行い情報共有を行っているTwitterユーザーの@iSWUpdates氏は、iOS16.3RCのコード分析で、AppleがApple Music Classicalアプリの開発を継続している証拠を発見。

@iSWUpdates氏によると、Appleは、iPhoneの標準のApple Musicアプリに表示されるテキスト行を「Apple Classicalへのショートカット」から「Apple Music Classicalで開く」に変更。

また、コードの別の行には、「クラシック音楽用に設計されたアプリでこのアーティストを探索する」と書かれているとのことです。

2021年8月、Appleはクラシック音楽サービスPrimephonicを買収し、2022年に専用のクラシック音楽アプリをリリースする計画を発表しましたが、アプリはまだリリースされておらず、いつ正式にリリースされるのか、注目が集まっています。

【豆知識】256kbps?ビットレート?音質に関する専門用語を解説

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事