スティーブ・ジョブズがiPhoneを発表してから16年!

投稿日:

by kenji

Wikipedia

2007年1月9日(日本時間1月10日)、当時のAppleのCEOスティーブ・ジョブズ氏が、カリフォルニア州サンフランシスコで開催されたMacworld Expoのステージで、初めてiPhoneを世界に紹介しました。それから今日で、ちょうど16年になりました。

スティーブ・ジョブズがiPhoneを発表してから16年!

2007年1月9日、Macworld Expoのステージに立ったジョブズ氏は、「今日、Appleは電話を再発明しようとしている」と述べ、未来的なデザイン、物理的なキーボードのないマルチタッチディスプレイ、適切なモバイルオペレーティングシステムiPhoneOSを搭載した初代iPhoneを紹介。

ジョブズ氏は、iPhoneを、タッチコントロール、電話、画期的なインターネット通信デバイスを備えたiPodとして説明。

初代iPhoneは、3.5インチのLCDディスプレイ、2MPのカメラが搭載され、アルミニウムとプラスチックのボディでした。

Apple

Appleは新しい機能を追加してiPhoneをアップデートし続け、3年後の2010年にiPhone4で大幅な再設計が行われました。

iPhone4は、フラットなエッジを備えた新しいデザイン、Retinaディスプレイ、A4プロセッサチップ、5MPのカメラ、LEDフラッシュなどを新たに搭載しました。

その後、おおよそ3年ごとの大幅な再設計が行われ、現在の最新機種は、iPhone SE、iPhone14シリーズの4モデルの5つのモデルが販売されています。

現在のiPhone14 Proモデルは、ホーム ボタンのない全画面ディスプレイと薄いベゼル、Face ID、4Kビデオ録画、48MPカメラ、Dynamic Island、高リフレッシュレートディスプレイなどが搭載されています。

 iOS16が搭載され、初代iPhoneの時点では考えられなかった機能が含まれています。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:MacRumors 写真:Wikipedia

関連記事