Safari発表から20周年!Mac用に作成された最速のWebブラウザ

投稿日:

by saki

Apple

Appleの共同創設者であるスティーブ・ジョブズ氏が2003年にサンフランシスコで開催されたMacworld ExpoでMac用のWebブラウザSafariを発表してから20周年を迎えました。

Safari発表から20周年

2003年10月にSafariを搭載したOS X Pantherがリリースされるまで、1998年から5年間、Internet ExplorerがMacのデフォルトブラウザでした。

Appleは2003年にSafariを発表したとき、「これまでMac用に作成された中で最速のWebブラウザ」と宣伝。

Appleによると、発表されたSafariは、MicrosoftのMac上のInternet Explorerと比較して3 倍以上高速にページをロードしました。

2003年1月、MacのOS X JaguarでSafariのパブリックベータ版が利用可能になりました。

具体的には、ブラウジング速度を高速化するWebKitレンダリングエンジン、ツールバーに直接統合されたGoogle検索機能、改良されたブックマーク管理、オプションのポップアップ広告ブロック、ファイルのダウンロードプロセスの簡素化などの機能が含まれていました。

Safariのモバイル バージョンは、2007年にiPhone用、2010年にiPad用がリリースされました。

現在、2008年にリリースされたGoogle Chromeが、すべてのPCとMacで世界で最も人気のあるWebブラウザーですが、Appleは、 Safariが依然として世界最速のデスクトップブラウザで、Webサイトの読み込みがMac上のChromeよりも平均で50%速いと伝えています。

中古iPhoneの購入方法と知っておきたい8つの注意点

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事