iPhone15 ProモデルはiPhone14 Proと同じRAM搭載?LPDDR5とのリーク情報

投稿日:

by saki

AppleTrack/YouTube

Appleは今年2023年9月にiPhone15シリーズを発売すると予想されていますが、Appleの有名なリーカーがiPhone15 Proモデルに搭載されるRAMについてレポートし、話題になっています。

iPhone15 ProモデルはiPhone14 Proと同じRAM搭載?

MacRumorsによると、Appleの有名なリーカーShrimpApplePro氏はTwitterで、iPhone15 Proモデルに搭載されるRAMについてツイート。

iPhone14 ProはLPDDR5を搭載していますが、ShrimpApplePro氏によると、今年2023年9月に発売されるiPhone15 ProもLPDDR5メモリを搭載する予定とのことです。

iPhone15 Proモデルには、TSMCのN3Bプロセスを使用して製造されたA17 Bionicチップが搭載され、iPhone16 Proモデルには、TSMCの強化された3nmプロセスを使用して製造されたA18 Bionicチップが搭載されるとのことです。

ShrimpApplePro氏によると、iPhone16 Proモデルには、RAMとしてLPDDR5Xメモリが搭載されるとのことで、バッテリー効率の改善に役立ち、バッテリー寿命が長くなる可能性があります。

iPhone15 ProモデルでRAMの種類に変更がなくても、iPhone14 Proモデルの6GBよりも多い8GBのRAMが搭載されると噂されており、RAMの増加により、複数のアプリをバックグラウンドで開いてマルチタスクを楽しむことができると予想されています。

残念ながら、ShrimpApplePro氏のツイートは正月の特別リークのため削除されたようで、現在確認できません。

全iPhoneの防水性能を比較してみたよ!14ProからApple Watchまで

参考:MacRumors 写真:AppleTrack/YouTube

関連記事