iPhone15とiPhone15 Plusのディスプレイサプライヤー判明!主にBOE

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは今年2023年9月にiPhone15シリーズを発売すると予想されていますが、アナリストがiPhone15とiPhone15 Plusに搭載されるディスプレイサプライヤーについてレポートし、話題になっています。

iPhone15とiPhone15 Plusのディスプレイサプライヤーは主にBOE

Appleの著名なアナリストのミンチー・クオ氏は、Mediumブログで、BOEの2023年のiPhone向けディスプレイ出荷量は急速に増加すると予想。

2022年5月に、BOEについて、iPhone13用のディスプレイの品質問題についてレポートがありましたが、2022年後半に発売されたiPhone14 シリーズでは、BOEは6.1インチのiPhone14のディスプレイを受注し、シェアは12~15%です。

クオ氏によると、BOEは、2023年後半に発売されるiPhone15とiPhone15 Plusのディスプレイの注文のほとんどを確保。

その割合は、BOEが約70%で、Samsungが約30%、今後数か月で開発と生産が順調に進めば、BOEはiPhone15とiPhone15 Plus向けの最大のディスプレイ サプライヤーとなるとのことです。

クオ氏は、BOEは2024年にハイエンドiPhone向けのLTPOディスプレイの大量出荷を開始する予定で、20~30%の注文を獲得し、2024年後半もローエンドiPhoneのディスプレイで約70%の市場シェアを維持できれば、BOEはiPhoneの最大のディスプレイサプライヤーになる可能性が高いと伝えています。

iPhoneがハッキングされてウィルスに感染!簡単にできる3つの除去方法

写真:Apple

関連記事