iOS16.2RC版AirDropの「すべての人」オプションに10分の時間制限導入!

投稿日:

by kenji

Apple

iOS16.1.1とiOS16.2ベータ版で、中国でAirDropに時間制限が追加されたことが発見されていましたが、AppleはiOS16.2RC版で、すべてのユーザーのAirDropの「すべての人」オプションに時間制限を追加しました。

AppleがiOS16.2RC版でAirDropの「すべての人」オプションに10分の時間制限追加

中国でAirDropを使用して反政府資料を広める事件が発生したため、iOS16.1.1とiOS16.2ベータ版では、AirDropの「すべての人」オプションに10分の時間制限が追加されたことが発見されています。

以前、Bloombergは、Appleが来年2023年から、AirDropの「すべての人」オプションに10分の時間制限を追加することについてレポートしましたが、Appleは予定を早めたようです。

9to5Macによると、AppleはiOS16.2RC版で、AirDropの「すべての人」オプションに10分の時間制限を追加したとのことです。

iOS16.2RC版では、AirDropの「すべての人」オプションは、10分が経過すると、自動的に「連絡先のみ」の設定に切り替わります。

iOS16.2の正式リリースは、来週12月中旬だと予想されています。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事