iPhone14衝突事故検出機能で初のリアルな救助要請!米国ネブラスカ州の悲劇

投稿日:

by kenji

Apple Support/Twitter

Appleはイベント「Far out」でiPhone14シリーズを発表、新しく搭載された衝突事故検出機能について説明しました。

iPhone14の衝突事故検出機能が作動し、初のリアルな救助要請があったとのことで、米国ネブラスカ州で発生した事故について、話題になっています。

米国ネブラスカ州の悲劇でiPhone14衝突事故検出機能初のリアルな救助要請

衝突事故検出は、iPhone14シリーズ全モデル、Apple Watch8、Apple Watch Ultra、Apple Watch SE2でデフォルトで有効になっている機能で、重大な自動車事故が検出された場合にデバイスが救助を要請できる機能です。

TheMacObserverによると、米国時間10月2日早朝、ネブラスカ州リンカーンの州議会議事堂の約3マイル東で、5人の男性と1人の女性を乗せたホンダアコードが木に衝突する単独事故が発生。

乗客はすべて20代前半で、乗っていた6人のうち5人が即死し、6 人目が後に病院で死亡しました。

緊急救助要請は、乗客の誰かが所持していたiPhone14が自動的に通報したもので、iPhone14のユーザーがが応答しなかったため、衝突事故検出機能が作動したものだとのことです。

地元警察によると、事故の目撃情報がなく、事故の原因解明には時間がかかるとのことです。

TheMacObserverは、ネブラスカの悲劇は、iPhone14の衝突事故検出が機能することを証明したと伝えています。

iPhone14 ProとProMaxの中古売買価格高騰!Appleオンラインストアで出荷予定日は4週間待ち


関連記事