iPhone15ソニーの最先端イメージセンサーを使用!低照度性能を向上

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは来年2023年9月にiPhone15シリーズを発売すると予想されていますが、iPhone15では最先端のコンポーネントが搭載されるとのことで、話題になっています。

iPhone15でソニーの最先端イメージセンサーを使用し低照度性能を向上

MacRumorsによると、NIKKEIAsiaは、AppleがiPhone15シリーズでソニーの最先端イメージセンサーを使用することをレポート。

NIKKEIAsiaによると、標準センサーと比較して、ソニーの最先端イメージセンサーは各ピクセルの飽和信号を2倍にし、より多くの光を取り込んで露出不足と露出過度を削減し、強い逆光でも人物の顔をよりよく撮影できるとのことです。

ソニーは、フォトダイオードとトランジスタを別々の層に配置する半導体アーキテクチャを使用し、より多くのフォトダイオードを追加できるようにしました。

MacRumorsによると、すべてのiPhone15モデルが新しいセンサー技術を使用するのか、それとも、ハイエンドのiPhone15 Proモデルに限定するのかは明らかではないとのことです。

Appleが、iPhone15シリーズでは、Proモデルと非Proモデルでさらに差別化を図ると噂されています。

Apple は、iPhone15 ProMaxでペリスコープレンズを搭載し、最大10倍の光学ズームを可能にするのではないかと予想されています。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事