2022年11月に発表14インチと16インチMacBook Proは広帯域幅のRAMを搭載?高速で省エネとのリーク情報

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは今年2022年秋以降14インチと16インチの新型MacBook Proを発売するのではないかと噂されていますが、米メディアが搭載されるRAMについてのリーク情報をレポートし、話題になっています。

2022年11月に発表14インチと16インチMacBook Proは広帯域幅のRAMを搭載?

MacRumorsによると、MacRumors ForumsのメンバーAmethyst氏が、M2 ProチップとM2 Maxチップを搭載した次世代の14インチと16インチMacBook Proには、「非常に高帯域幅で高速なRAM」が搭載される予定であることをリーク。

Amethyst氏は、以前、Mac StudioとStudio Displayに関する正確なリーク情報を提供したことがあります。

現行モデルの14インチと16インチMacBook Proには、SamsungのLPDDR5 RAMが搭載されており、M1 Proチップは最大200GB/sのメモリ帯域幅を提供し、M1 Maxチップは400GB/sに達します。

MacRumorsは、リーク情報に基づき、次世代の14インチと16インチMacBook ProにはSamsungの最新のLPDDR5X RAMが搭載されると予想。

Samsungの最新のLPDDR5X RAMが搭載されると、メモリ帯域幅が最大33%増加し、消費電力が最大20%削減される可能性があり、次世代の14インチと16インチMacBook Proは、M2 Proチップ搭載モデルで最大300GB/s、M2 Maxチップ搭載モデルで最大600GB/sのメモリ帯域幅が得られるとのことです。

MacRumorsは、14インチと16インチMacBook Proの発表は、11月にAppleのNewsroomでプレスリリースで発表される可能性が高いと予想しています。

iPhoneの画面を「横向き」で固定する方法

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事