Apple Watchの血中酸素測定機能は医療グレードのパルスオキシメータと同等の精度!チェコの研究者が発表

投稿日:

by kenji

Apple

Apple Watchの心電図アプリや血中酸素ウェルネスアプリなどのヘルスケア機能で命が救われたとのレポートが多くありますが、Apple Watchの血中酸素測定機能が、医療グレードのパルスオキシメータと同等の精度であるとの研究結果が発表され、話題になっています。

Apple Watchの血中酸素測定機能は医療グレードのパルスオキシメータと同等の精度!

9to5Macによると、今月、アメリカ国立衛生研究所のDigital Health open access journalにチェコの研究者たちが、研究結果を発表。

研究目的は、「末梢血酸素飽和度 (SpO₂)を測定する市販のスマートウォッチが、医療グレードのパルスオキシメータと比較して低酸素血症をどのように検出できるか」を調査することでした。

Apple

研究チームは、24人の健康な参加者を募集し、参加者は、左手首にApple Watchシリーズ6を装着、左中指にパルスオキシメータ (Masimo Radical-7) を装着。

SpO₂測定値642組を調査したところ、Apple Watchシリーズ6とMasimo Radical-7のSpO₂の偏りは、すべてのデータポイントで0.0%で、SpO₂が90%未満の偏りは1.2%でした。

研究チームによると、Apple Watchシリーズ6とMasimo Radical-7の個々の測定値の差は、SpO₂値が90%~100%の場合は6%以内、SpO₂値が90%未満の場合は最大8%と予想されるとのことです。

研究結果は、Apple Watchシリーズ6 は、医療グレードのパルスオキシメータと比較して、SpO₂が90%未満の血中酸素飽和度の低下状態を確実に検出でき、このスマートウォッチに使用されている技術は、診療所の外でSpO₂を測定するのに十分なほど高度だと結論付けています。

血中酸素測定機能は、Apple Watchシリーズ6、Apple Watchシリーズ7、Apple Watchシリーズ8、Apple Watch Ultraに搭載されています。

Apple Watchの心拍数警告から癌を発見!米国で12歳の少女の命を救う

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事