iOS16ベータ2 AppleがiPadをホームハブとしてサポートしないことが判明

投稿日:

by kenji

Apple

iOS16開発者向けベータ1のリリース後約2週間半、本日、Appleは開発者向けのiOS16ベータ2をリリースしました。

iOS16ベータ版のコード解析により、様々な新機能が発見されていますが、なくなる機能も発見され、話題になっています。

iOS16ベータ2でiPadがホームハブとしてサポートされないことが判明

AppleのiOS16プレビューWebページでは、iPadをホームハブとして使用できないことが示唆されていましたが、iPadOS16ベータ1では、iPadをホームハブとして設定できていました。

本日リリースされたiOS16ベータ2で、AppleがiPadをホームハブとしてサポートしないことが判明しました。

MacRumorsによると、iOS16ベータ2のコードからは、iPadのホームハブ機能を削除しており、iOS16ベータ2にアップデートしてホームアプリにアクセスすると、以下の説明が表示されるとのことです。

アクセサリ通知の受信や他の人があなたのホームを制御できるようにするなどの機能を利用するには、ホームハブが必要です。共有のホームも最新のHomeKitにアップグレードされるまで、共有のホームを表示することはできません。iPadはホームハブとしてサポートされなくなります。

AppleがホームハブとしてのiPadのサポートを終了したため、ハブによって有効になる機能を利用するには、HomePod、 HomePod miniAppleTVが必要になるとのことです。

MacRumorsは、AppleのMatterスマートホーム標準の実装に関連している可能性があると推測しています。

Apple iOS16開発者向けベータ2リリース!バグ修正や新機能の追加など

参考:MacRumors 写真: Apple

関連記事