AppleのM1チップの脆弱性パックマン攻撃発見!MITのセキュリティ研究者

投稿日:

by kenji

Apple

AppleはM1チップを設計する際、さまざまなセキュリティ層を作成し、各層は侵入に成功したハッカーからM1チップを保護するように設計されています。

M1チップの最後の保護層をハッカーが侵入できる、M1チップの脆弱性パックマン(PACMAN)攻撃が研究者によって発見され、話題になっています。

AppleのM1チップの脆弱性パックマン攻撃発見

AppleのM1チップの最後の保護層はPACとして知られているセキュリティ機能です。

今回、マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピューター科学人工知能研究所(CSAIL)の研究者のチームは、PACMANと呼ばれる攻撃でPACを打ち負かすことができました。

パックマン攻撃は、ポインタ認証を正常に通過させるための正しい値を見つけることができる攻撃で、ハッカーはコンピュータへのアクセスを続行できます。

MIT CSAILの研究者は、パックマン攻撃がこれらのM1チップのバグをより深刻にすることで、全体的な攻撃対象領域がはるかに大きくなる可能性があると伝えています。

MIT CSAILによると、パックマン攻撃にはハードウェアデバイスが関係しているため、ソフトウェアパッチで問題を解決することはできないとのことです。

MIT CSAILはAppleにM1チップのパックマン攻撃による脆弱性について通報しており、Appleはハッカーによるパックマン攻撃の可能性について認識しているとのことです。

iPhoneで通知が来ない!5つの原因と10個の解決方法

参考:pacmanattack via Macworld 写真:Apple

関連記事