iOS16一部のiPhoneで使えない複数の機能判明!画像検索やライブキャプションなど

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは、WWDC2022の基調講演での正式発表後、開発者向けにiOS16ベータ1をリリースしましたが、一部のiPhoneでは使えない複数の機能が発見され、話題になっています。

iOS16一部のiPhoneで使えない複数の機能

iOS16で一部のiPhoneで使えない複数の機能が判明しましたが、詳細は以下のとおりです。

iOS16のiPhone8とiPhoneXで使えない機能

9to5Macによると、A12Bionicチップ以降を搭載したiPhoneXR、iPhoneXS、iPhone11iPhone11 Pro、 iPhone12、iPhone12 Pro、iPhone13、iPhone13 Pro、iPhone SE(第2世代、第3世代)で利用できるiOS16の機能は、以下の通りです。

Apple

  • ビデオのライブテキスト:テキストは一時停止したビデオフレームで完全にインタラクティブになるため、コピーアンドペースト、ルックアップ、翻訳などの機能があり、写真、Safariなどのアプリで利用可能
  • ライブテキストでのクイックアクション:写真やビデオで検出されたデータを、シングルタップで外国語に翻訳することなどが可能に
  • ライブテキストの新しい言語: iOS16では、ライブテキストは日本語、韓国語、ウクライナ語のテキストが追加
  • テキスト内の絵文字: Siriでメッセージを送信するときに絵文字の挿入が可能で、対応言語は、広東語(香港)、英語(オーストラリア、カナダ、インド、英国、米国)、フランス語(フランス)、ドイツ語(ドイツ)、日本語(日本)、北京語(中国本土、台湾)、スペイン語(メキシコ)、スペイン語(米国)
  • Siriでアプリの機能を確認:アプリを開いて、「Siriさん、ここで何ができますか?」と尋ねたり、「Hey Siri、iRobotで何ができるか」と言って、特定のアプリについて確認ができ、対応言語は、ドイツ語(ドイツ)、英語(オーストラリア、カナダ、インド、英国、米国)、スペイン語(メキシコ、スペイン、米国)、フランス語(フランス)、日本(日本)、北京語(中国本土)、および広東語(香港)
  • 新しいディクテーション: iOS 16では、音声とキーボードのタッチでスムーズに移動して入力可能に
  • iPhoneカメラを使用して薬を追加: iOS16でiPhoneXR / XS以降のカメラで、ヘルスケアアプリの薬を追加可能に

Apple

  • アプリでの画像検索: iOS16では、Spotlightはメッセージ、メモ、ファイルの画像から、場所、人物、シーン、さらにはテキストや犬などの画像で検索可能に
  • ビジュアルルックアップの改善:画像から被写体を持ち上げるか、背景を削除して被写体を分離でき、写真、スクリーンショット、クイックルック、Safariなどで機能
  • ビジュアルルックアップ: ビジュアルルックアップは、鳥、昆虫、彫像の認識を追加

iOS16でiPhone11以降で使える機能

9to5Macによると、iOS16でiPhone11以降で使える機能は以下の通りです。

  • ライブキャプション:音声文字変換は、聴覚障害または難聴のユーザー向けにリアルタイムで自動的に生成可能で、英語(カナダ、米国)だけの機能

iOS16でiPhone13シリーズで使える機能

9to5Macによると、iOS16でiPhone13シリーズで使える機能は以下の通りです。

  • ポートレート写真の前景ぼかし:ポートレートモードで、写真の前景にあるオブジェクトをぼかして、よりリアルに見える被写界深度効果を得ることが可能に
  • シネマティックモードでの録画時の品質向上: iPhone13およびiPhone13 Proでシネマティックモードで、被写界深度効果により、プロファイル角度および髪と眼鏡のエッジの周りでより正確にビデオ録画可能に

Appleによると、iOS16パブリックベータ1のリリースは来月7月で、すべてのユーザーへは2022年秋にリリースされます。

Apple iOS16開発者向けベータ1リリース!アップデートできるiPhoneが判明

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事