iOS16ウィジェットを含む新しいロック画面のパーソナライズ機能追加!複数の画面作成も可能に

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは、本日のWWDC2022の基調講演での正式発表後、開発者向けにiOS16ベータ1をリリースしました。

iOS16には、ウィジェットを追加する機能など、ユーザーに豊富なカスタマイズオプションを提供する、iPhone用の新しいロック画面のパーソナライズ機能が追加されました。

iOS16ウィジェットを含む新しいロック画面のパーソナライズ機能追加

Appleは、WWDC2022基調講演でiOS16の新しいロック画面を発表。

ユーザーがiPhoneのディスプレイをカスタマイズできるようになりました。

ロック画面を押し続けると操作できるようになり、左または右にスワイプしてウィジェットを変更したり、Apple Watchのウォッチフェイスをカスタマイズするのと同じように、タップしてフォントと色をカスタマイズでき、複数のロック画面を作成することが可能です。

Apple

iOS16では、写真にフィルターを適用するオプションがあり、ロック画面を編集したり、切り替えることができるようになりました。

利用可能なシステムウィジェットは、バッテリーレベル、アラーム、タイムゾーン、アクティビティの進行状況などです。

Appleは、集中モードをロック画面に導入し、ユーザーが何をしているかに応じて異なるロック画面を表示できるようになります。

ハッキングされているiPhoneの確認方法チェック項目7つ!3つの原因と解決方法

参考・写真:AppleMacRumors

関連記事