Appleリサイクルロボット「Daisy」公開動画が話題!年間120万台のiPhoneを分解

投稿日:

by kenji

Sara Dietschy/YouTube

Appleは2022年の環境進捗レポートで、リサイクルやクリーンエネルギーに関する取り組みについて伝えました。

2018年にAppleは、iPhoneをリサイクルするためのロボット「Daisy」を発表。

YouTuberが「Daisy」の動画を公開し、話題になっています。

Appleのリサイクルロボット「Daisy」の動画が初公開

「Daisy」は、iPhoneを分解してデバイスの部品をリサイクルできるAppleのリサイクルロボットです。

Appleリサイクルロボット「Daisy」の動画を公開したのは、YouTuberのSara Dietschyさん。

Dietschyさんは、テキサス州にあるAppleのリサイクル施設を訪問するよう招待されました。

「Daisy」はiPhoneを分解するために特別に開発されたもので、1時間に最大200台のiPhoneを分解でき、年間最大120万台のiPhoneをリサイクルできます。

デイジーには、iPhoneのパーツとその異なる素材を分離するための4つの異なるモジュールがあります。

「Daisy」はiPhoneから、ディスプレイ、バッテリー、ネジを全自動で取り外します。

最後に、すべての部品とパーツをベルトコンベヤーに置き、人間が分類できるようにします。

2021年にAppleが製品として出荷したアルミニウムの59%はリサイクルされたものであり、多くの製品は100%リサイクルされたアルミニウムを使用しているとのことです。


関連記事