Apple Studio Displayファームウェアを更新できない不具合の原因判明!意外な理由

投稿日:

by kenji

Apple

Apple Studio Displayのファームウェアを更新しようとしたときにエラーメッセージが表示され、更新できない不具合が発生していましたが、意外な原因が判明しました。

Studio Displayファームウェアを更新できない不具合の原因

Studio DisplayのユーザーがiOS 15.4へのファームウェアの更新を実行しようとしたときに「完了できませんでした」というメッセージが表示され、更新できないという不具合が発生。

Appleサポートコミュニティのユーザーから50件を超える不具合発生報告が相次いでいましたが、原因が判明しました。

この不具合の原因は、Appleが先週iOS 15.4への署名を停止したことで、現在は、Appleにより再び署名され始め、Studio Displayのアップデートが正常にできるようになったとのことです。

Appleは、iOS15.4.1のリリースから1週間後の米国時間2022年4月7日にiOS15.4の署名を中止しており、iOS15.4の署名はStudio Displayだけで、他のデバイスでは再署名されません。

Studio Display Firmware Update 15.4には、マイナーな安定性の向上が含まれており、IntelベースのMacでのBootCampのサポートが含まれていますが、Appleが以前約束したWebカメラのパフォーマンスの修正は含まれていないとのことです。

参考:Apple Insider News 写真:Apple

関連記事