AppleはGoogle、Mozilla、Microsoftと協力!ブラウザの相互運用性の向上をめざす「Interop 2022」

投稿日:

by saki

Apple Insider News

Appleは、Google、Microsoft、Mozillaと提携して、Webブラウザの相互運用性とユーザーエクスペリエンスを向上させる新しい取り組みに参加しています。

今後15の領域に焦点を合わせて改善に取り組むとのことです。

Apple、Google、Mozilla、Microsoftが協力するInterop 2022

Apple、Google、Mozilla、Microsoftが協力するグループは「Interop 2022」と呼ばれ、Webブラウザの相互運用性とユーザーエクスペリエンスの向上を目指します。

今後、カスケードレイヤー、カラースペースとCSSカラー関数、新しいビューポートユニット、スクロールなどを含む15の領域に焦点を合わせて改善します。

最終目標は、Webアプリを異なるWebブラウザーでも同じように表示・機能させることだといいます。

このWebブラウザーで同じように表示・機能させる試みは、2019年にMozillaとGoogleから始まり、毎年目標を決めて活動。

昨年2021年のグループでの活動はCombat 2021と呼ばれ、目標達成率は90%だったそうです。

今年のInterop 2022の活動で、各ブラウザでのユーザー利便性は高まりそうです。


関連記事