iOS15.3とwatchOS8.4バージョンアップ後AppleWalletアプリで同期の不具合発生

投稿日:

by saki

Appleは先週一般ユーザー向けにiOS15.3とwatchOS8.4をリリースしました。

iOS15.3watchOS8.4にバージョンアップ後、Apple Watchを利用する一部のユーザーから、AppleWalletアプリの同期が正しく行われない不具合の発生が報告されたとのことです。

AppleWalletアプリで同期の不具合発生

Redditの投稿、Appleサポートフォーラムで不具合発生の報告がされました。

Apple Insider News

iPhoneのWalletアプリで追加・削除されたカードとパスは 、Apple WatchのWalletアプリとは同期されず、Apple WatchのWalletアプリ側ではカードやパスが追加・削除されないとのことです。

逆に、Apple WatchのWalletアプリ側でカードやパスを追加・削除するときちんと同期され、iPhoneのWalletアプリ側で追加・削除されるとのことです。

今後iPhoneのWalletアプリ側でカードやパスを追加・削除してApple WatchのWalletアプリとうまく同期できなかったときは、Apple WatchのWalletアプリ側から設定して同期できるか確認すると良いかもしれません。


関連記事