iOS15.4ベータ1マスクをつけたままでFace ID利用可能に

投稿日:

by saki

昨日iOS15.3がリリースされたばかりですが、AppleはiPhone向けiOS15.4ベータ1をリリース。

Face ID機能が強化され、マスクをつけたままでFace IDが利用可能とのことです。

iOS15.4ベータ1マスクをつけたままでFace ID利用可能

マスクをつけたままでFace ID利用可能なことに最初に気づいたのは、iOS15.4ベータ1を使用したYouTuberのBrandon Butch氏。

この機能に関するAppleの説明は次の通りです。

「FaceIDは、フルフェイス認識のみに設定されている場合に最も正確です。マスクを着用したままFaceIDを使用するために、iPhoneは目の周りの固有の機能を認識して認証できます。」

マスクの有無にかかわらず顔認識機能を設定できますが、マスクを使用した顔認識を選択した場合でも、セットアップ中にマスクを着用する必要はないとのことです。

新機能を設定するには、「設定」→「FaceIDとパスコード」→「FaceIDをセットアップ」→「FaceIDをマスクで使用する」を選択します。

iOS15.4ベータ1でマスクを使用した顔認識機能を使用すると、認証のために目の領域に焦点を合わせた顔認識機能を使用してiPhoneのロックを解除することが可能になるそうです。

iOS15.4ベータ1メガネかけている間のFace ID機能を改善

iOS15.4ベータ1で、Appleは眼鏡をかけているときのFaceID認識を改善しました。

この機能に関するAppleの説明は次の通りです。

「マスクを着用した状態でFaceIDを使用すると、定期的に着用する眼鏡の各ペアを認識するように設定されている場合に最適に機能します。マスク付きのFaceIDはサングラスをサポートしていません。」

マスクを使用した顔認識機能を使用すると、認証のために目の領域に焦点を合わせる必要があるため、サングラスの使用はできないようです。

iOS15.4はまだベータ1がリリースされたばかりであり、一般ユーザーがiOS15.4を利用できる日は未定とのことです。

iOS15.4ベータ1マスクでFace ID利用可能なのはiPhone12以降

参考:9to5Mac

関連記事