iOS15.1の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

投稿日:

by Amamin

iOS15.1がリリースされました。

数多くの新機能が公開されています。

と言う訳で、iOS15.1の新機能と既にアップデートした人の声、不具合について紹介しましょう!

参考:Apple公式

iOS15.1の新機能と修正点

新機能

SharePlay

SharePlayとはFaceTimeやAppleTVアプリ、Apple Music、その他SharePlay対応アプリでコンテンツをみんなと一緒に楽しめる機能です。

コンテンツの再生、早送りや一時停止といったコントロールは全員が行うことができます。

また、参加者が喋った際には自動的に音量が下がるスマートボリューム機能もありますよ。

Apple TVはFaceTime通話状態でも共有可能なオプションもあります。

画面共有機能を使って、写真やWEBサイトをみんなで見ることも可能です。

カメラ

iPhone13Pro(Max)がProResのビデオ撮影機能に対応しました。

注意点は以下の通りです。

またビデオ撮影時に、自動的にマクロ切り替えが動作しないようになりました。

ウォレットアプリ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種カードの対応により、検証可能なワクチン接種情報をAppleウォレットに追加して提示することが可能となりました。

とは言え、まだ日本では使えません。

翻訳機能(翻訳アプリ)

繁体字中国語(台湾)に対応しました。

翻訳アプリ以外にもSafariを含めiPhoneのシステム上で使うことができます。

ホーム

HomeKit対応の湿度センサー、空気質センサー、または光量センサーの現在の値に応じて実行される新しいオートメーションが追加されました。

ショートカット

GIFを含む画像の上にテキストを重ねて配置できるアクションが追加されました。

修正点

以下の修正もされているようです。

  • “写真” Appで、写真やビデオを読み込む際に誤って“十分な空き領域がありません”と報告されることがある問題
  • “天気” Appで、現在地の現在の気温が表示されないことやアニメートされた背景のカラーが正しく表示されないことがある問題
  • 画面をロックしたときにAppからのオーディオ再生が一時停止することがある問題
  • 複数のパスでVoiceOverを使用しているときに“ウォレット”が予期せず終了することがある問題
  • 利用可能なWi-Fiネットワークが検出されないことがある問題
  • 時間の経過に伴うバッテリー容量の推定を改善するために、iPhone12モデルでバッテリーアルゴリズムをアップデート

追記:2021/11/10

通話において、外部のノイズを減らす機能が追加されたようです。

これにより、自分の声を伝えやすくなったそうですよ。

空間オーディオの設定も要チェック!

iOS15.1のアップデートにかかる時間とダウンロードの容量

今回のアップデートは容量が1.3から1.4GB程度となっています。

 

所要時間は45分から1時間程度の方が多いようです。

容量が大きい為、いつものアップデートよりも時間がかかるようですね。

  • ダウンロードの容量:1.3GB~1.4GB程度
  • アップデートにかかる時間:45分~1時間程度

iOS15.1で確認されている不具合

今のところ確認されている不具合は以下の通りです。

ミュージックアプリの再生に問題が生じているようです。

※不具合ではないのですが、Amazon Musicが3ヶ月無料で聴けるようになりました。

空間オーディオにも対応してるみたいですよ。

期間限定なので急いで‼

他にはミュート状態でもスピーカーで音声が再生されるとの報告もあります。

Siriに関する苦情の多さが目に付きます。

通知が来ないことを嘆くユーザーが一定数います。※私の場合は特に問題ありませんでした。

また車とBluetoothを繋ぐと以下のような不具合が出るという方も少なからずいるようです。

希なケースですが、スワイプに問題を抱えているユーザーもいるようです。

ただし、これらツイート以外には目立った不具合は報告されていません。

iOS15.1にした人の感想

iOS15.1にアップデートした方の感想は比較的好評なものが多いようです。

古いiPhoneをお持ちの方はバッテリー持ちが改善したようですよ。

写真アプリで空き容量のバグに苦しんでる方が多かったのですが、その点は解消したようです。

またNFCタグのショートカット実行が大幅に改善されたようですよ。

iOS15.0.2で調子が悪かった方にとっては良いアップデートなのは間違いないでしょう。

Twitterユーザーの方は以下のような機能を試してみても良いかもしれませんね。


関連記事