iOS14の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

投稿日:

by henshu

iOS14が遂にリリースされました。

1年ぶりのメジャーアップデートということもあり、多数の新機能が搭載されています。

今回はその新機能と不具合をまとめてみましたよ。

iOS14の新機能

ウィジェットをホーム画面に置けるように

Androidと同じようにiOSでもウィジェットをホーム画面に置けるようになりました。

 

しかもウィジェットはホーム画面に複数設置可能。

ただし、(知らないと)やり方が少し難しいのでこちらをご覧ください。

iOS14でホーム画面にウィジェットを置く方法

Appライブラリ

「あのアプリどこだっけ?」とアプリを見失うこってしばしばありますよね。

そんな時はAppライブラリを使いましょう。

アプリのカテゴリや「最近追加した項目」が一目で分かるページが設置されました。

 

ホーム画面を右にスライドすると表示されるので、カンタンに見つかりますよ。

デフォルトブラウザを変更可能に

これまでSafariしかデフォルトブラウザとして使えませんでしたが、iOS14からはChromeを含むApple製以外のブラウザをデフォルトブラウザに設定できるようになりました。

例えば一度デフォルトブラウザをChromeに設定してしまえば、このようにSpotlightで検索するとSafariではなくChromeにすることができます。

しかしながら設定は知らないと絶対できないレベル…。

詳しくはこちらをご覧ください。

iPhoneのデフォルトブラウザを変更する方法|まずChromeに設定してみよう【iOS14】

コンパクトなUI

通話中の画面やFaceTime、Siriの画面がコンパクトになりました。

通話中

これまで通話画面やSiriは画面一杯占有していましたが、これからはこのようにコンパクトな見た目になります。

Siri

またピクチャ・イン・ピクチャと呼ばれる機能も実装されています。

これにより、他のアプリを使いながらFaceTimeや動画を楽しむことも可能となりました。

マップの新機能

サイクリング(自転車)

マップの移動手段として自転車が追加されました。

自転車専用レーンや自転車が移動しやすい道が優先となります。

また急な坂道や階段を避けることができます。

ガイド

まだ日本では公開されていませんが、Appleのマップのエディターやパートナーによって、観光地や飲食店、ショップの見所をガイドします。

翻訳

Apple製の翻訳アプリが登場しました。

特に目新しい機能ではありませんが、オフラインでも利用可能なのは嬉しいですね!

Siriがさらに賢く

Siriが3年前と比べて20倍以上の知識量を備えたそうですよ。

iOS14からは情報を「後はウェブでご確認ください」というケースは少なくなり、Siri自身がインターネットから情報を引き出し、質問に答えるようになります。

Siriの回答結果は全画面ではなく、画面の20%程度と小さくなった

またSiriを使ってオーディオメッセージを送ることが可能となります。

AirPodsが神アップデート

自動切り替え

これまでiPhoneやiPadでAirPodsは手動で切り替えなければいけませんでした。

しかしiOS14からは今使っているデバイスと自動的に接続を切り替えてくれます。

空間オーディオ

AirPods Proだけの機能ですが、映画館のようなサウンドの体験が可能となります。

空間オーディオ機能とダイナミックヘッドトラッキング機能が追加され、頭の向きを変えてもサラウンドサウンドのチャンネルが正確についてきます。

また外部音の取り込みモードの細かい設定も可能となっています。

 

App Clip

自転車のレンタルや駐車料金の支払い、料理の注文で「特定のアプリ」をインストールする必要を迫られることがしばしばあります。

その悩みを解決するのがApp Clipです。

App Clipは使いたいだけそのアプリを使う機能です。アプリの機能は最小限となっており、起動するには「開く」ボタンをタップするだけですぐに起動します。

App Clipはお店等のQRコードやNFCタグ、Safariやマップ、メッセージアプリから起動することができます。

その他の新機能

Safari

  • より高速なJavaScriptエンジンによってパフォーマンスが向上
  • インテリジェント・トラッキング防止機能によってブロックされているサイト越えトラッカーをプライバシーレポートに表示
  • パスワードの監視により、データ漏洩に関わっている可能性がある保存済みのパスワードを確実に検知

メッセージアプリ

  • チャットをピンで固定すると、お気に入りのメッセージのスレッドをリストの上部に9件まで固定可能
  • “名前の言及”を使って、グループチャットで特定の人にメッセージを送信可能
  • インラインの返信を使って、特定のメッセージに返信したり、関連するすべてのメッセージを独自のビューで表示したりすることが可能
  • グループ写真をカスタマイズして、共有グループの見た目を変更可能

検索

  • App、連絡先、ファイルの検索、天気や株価などの簡単な情報、人や場所に関する一般的な知識、Web検索をすぐに開始することも可能なすべてを見つけることができる1つの場所
  • App、連絡先、知識、関心があるスポット、Webサイトなど、最も関連性の高い情報を“トップヒット”に表示
  • 文字をいくつか入力するだけでAppやWebサイトを開くことができるクイック起動機能
  • 入力しながら検索候補を表示する機能により、入力を始めるだけでより関連性の高い結果を表示
  • Web検索候補からSafariを起動し、最も関連性の高いWebの結果を表示
  • メール、メッセージ、ファイルなどのApp内で検索を開始

iOS14のアップデートにかかる時間とダウンロードの容量

iOS14のダウンロード容量は2.35GB~2.75GBと非常に大きなサイズとなっています。

その為、アップデートに掛かる時間は約1時間程度は掛かる見込みです。

不具合の声

iOS14の不具合の声はそこまで多くありませんが、iOS14に未対応のアプリが多くアプリ側の不具合が非常に多く出ている模様です。

ニコニコ動画では動画再生ができない問題が確認されています。

またポケモンGOもアプリを最新版にしないと不具合が出る模様です。

どうぶつの森 ポケットキャンプは9月中にiOS14対応するとのこと。

またFate/Grand Order(FGO)は動作未確認の為、アップデートを控えるよう公式がアナウンスしています。

iOS14にした人の感想

アプリ側の不具合はあるものの、iOS14にアップデートした方の評判は上々です。

翻訳アプリが好評ですね。

またウィジェットに期待する声も多々ありました。

しかしながら私が試したところ、ショートカットアプリの仕様がガラッと変わっており設定の変更を余儀なくされたことが若干不満です。

それ以外は今のところ不満はありません。

※iOS14の利用者が増え次第、本記事の追記、更新を行います。

iOS14の対応機種

念のため、自分のiPhoneやiPadが以下の機種であるかどうか確認しましょう。

基本的にはiOS13対応デバイスであれば問題無いでしょう。

iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone SE(第1世代)
iPhone SE(第2世代)
iPod touch(第7世代)

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事