【iOS13.6.1の変更点】アップデートしたらどうなった?

投稿日:

by しんや

iOS13.6.1とiPadOS13.6.1が現地時間の8月12日にリリースされました。

今回のアップデートでは新機能の追加などはなく、バグの修正が行われています。

iOS13.6.1の変更点

iOS13.6.1には新機能の追加は行われていません。

iOS13.6では行われなかった一部のバグの修正がメインのようです。

以下が今回のアップデートのリリースノートになっています。

iOS 13.6.1には、iPhoneで発生していたバグの修正が含まれます。


Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222

具体的には新型コロナウイルスの接触通知に関連するいくつかの問題と、ディスプレイが緑がかった色になる可能性がある問題の修正が含まれています。

iOS13.6.1のアップデートにかかる時間とダウンロードの容量

今回のアップデートは古い機種の場合はバグの修正のみということでかなり容量は少なくなっています。

軽くて75MBほど、重くても100MB弱となっているようです。

そのため、早ければ20分もかからない程度ですが、ダウンロードする環境と端末によっては多少前後するため、時間に余裕があるときに行いましょう。

インストールには、iPhoneまたはiPadのバッテリー残量が50%以上あり、Wi-Fiネットワークに接続されている必要があります。

iOS13.6.1はバッテリーの持続時間が低下する?

iPhoneの機種によってはiOS13.6.1にすることでバッテリーの持続時間が低下する可能性があります。

あえて負荷のかかるアプリを起動してバッテリーの減りを実験したところ以下のようなネガティブな結果となりました。

  • iPhone6s(-1分)
  • iPhone7(-8分)
  • iPhone8(-2分)
  • iPhone11(-30分)

ただし以下の機種においてはバッテリーの持続時間が向上しています。

  • 初代iPhone SE(+2分)
  • iPhone XR(+15分)

 

iOS13.6.1で確認されている不具合や感想

現在(2020年8月21日)、不具合についての報告が散見されるようになりました。

最も多いのがiPhone本体の発熱です。

エアコンが効いた室内でも発熱が確認できる方は再起動を試してみましょう。

それ以外にはBluetoothの問題があります。

この問題は私も経験しました。この問題はそこまで頻繁には起きないのでそこまで気にしなくても良さそうです。

次に容量の問題があります。

この問題は次のアップデート(iOS13.6.2)に期待する他なさそうです。

フリーズの問題は再起動を試してみましょう。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事