Wunderlistの創業者がTodoアプリ「Superlist」を公開へ

投稿日:

by maruuo

Microsoftに2億ドル(約212億円)買収され、先日公開が停止された「Wunderlist」ですが、同サービスの創業者のChristian Reber氏が新たなタスク管理アプリ「Superlist」を開発中であることが分かりました。

Reber氏によるとTodoアプリは会社用と個人用では用途が大きく異なるとのこと。

Superlistは会社(チーム)の用途にフォーカスしたものとなり、生産性の向上を目指すサービスとなるようです。

Wunderlist

開発にはWunderlistのエンジニアが複数人参加しています。

Wunderlistは開発からリリースまでわずか6週間だったものの、大きな成長を遂げました。

多くの人が愛用しているWunderlistをMicrosoftが閉鎖しようとしていることがまだ悲しいのです。私は真剣にWunderlistを買い戻したいと考えています。

(Microsoftは)MicrosoftToDoの開発に集中し、Wunderlistの閉鎖をしないことで怒る人などいないでしょう。

収益性の問題で結果的にWunderlistMicrosoftに買収された後にサービス終了することになりましたが、Reber氏はそのことについて強く後悔しており、Microsoftに対して買い戻しの要求をするもののスルーされてしまいました。

Superlistはこちらのページで事前登録できます。

Superlist

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事