iPhone電話の転送機能、使うと着信はどうなる?電話代は?【自動電話転送】

投稿日:

by Amamin

iPhoneには便利な転送機能があります。

今回はその「転送機能」がほんとうにお得なのか解説しちゃいますよ!

電話の「転送」機能設定

iPhoneの設定の中の「電話」をみると「自動電話転送」という項目があります。

ここで「自動電話転送」の項目をONにすると、転送先の電話番号を入力することができます。

※「+81」は必要なく、市外局番からの電話番号を入力するだけでOK。

転送機能を使ってみた

まず転送設定をした「自分のiPhone」に「他人のiPhone」から電話をかけてみます。

すると「自分のiPhone」には着信のコールはかかってこないものの、電話アイコンの上にバッジが点灯します。

もちろん着信元の電話番号はしっかり残っています。

したがって、転送設定をしたとしても、着信に気付かないということは無さそうです。

※電波が無い状態、スマホの電源が入ってない状態でも転送はされます。

転送先のスマホでは…

当然ですが、転送設定をした先の電話機(スマホ)では着信のコールがあります。

その際は電話番号の表示は「転送元の電話番号」ではなく、「電話をかけた人の電話番号」になります。

つまり、Aさんから電話があればAさんの電話番号が表示されます。

「電話をかけた人」は転送に気付くのか?

実際に転送設定をしたiPhoneに電話をしてみましたが、特に転送設定がされている旨のアナウンスはありませんでした。

また通話履歴にも転送に関する表示は一切ありませんでした。

つまり電話をかけた人が転送に気付くことはないでしょう。

電話代はどうなる?

ドコモauソフトバンクの転送の料金について調べてみました。

いずれの場合も「自分のスマホ」から「転送先」への電話代はご自身で負担する必要があります。

着信を何回も受けると、その分通話代金がかかるので注意が必要ですね。

ただし転送設定に関する月額料金は3キャリアいずれも無料となっています。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事