iCloudを使うとiPhoneのストレージはどれくらい節約できるのか?

更新日:

by yoshimitu

iPhoneの容量は最大512GBとドンドン大きくなってきてますよね。

その分お値段がものすごく高くなっていきます。(512GBのiPhoneなんて高すぎてとても手が出ません…。)

と言うことで、今回はiPhoneは最低容量の64GBに抑えつつ、iCloudを使うことでどれだけiPhoneのストレージが節約できるのか紹介したいと思います。

iCloudを使えばストレージは64GBあれば余裕

率直に言って、iCloudを使うことで最も節約できるのが「写真」です。

こちらが私の写真アプリの中身です。見た目は普通ですが、データは全部iCloudに入っています。

どれだけの容量を使っているかというと…なんと250GBも使っているんです。

iCloudの中にある写真のデータ量

ではiPhoneのストレージはどの程度なのかチェックしてみましょう。

なんと6GBしか使っていません。となると、残りの244GB分はクラウド上にあることになります。

つまりいくら写真を撮っても、iOSが自動的に”必要な分”しかダウンロードしない仕組みになっている訳です。

ネット環境さえあれば、写真の閲覧は全く支障がありませんよ。

今後、何百GBの写真を撮っても64GBのiPhoneで充分ということになりそうです。

iPhoneのストレージを最適化する方法

iCloudを使ってiPhoneのストレージをスリムに保つには設定が必要です。

というわけで「iPhoneストレージを最適化」の設定をしてみましょう。

設定アプリの「自分のプロフィール」から「iCloud」を選択して…

写真を選択し、「iPhoneストレージを最適化」をタップしましょう。

以上で設定は完了です。

iCloudの月額料金

気になるiCloudの料金ですが、200GBなら月額400円で済みます。

それ以上は一気に増量し2TBとなり、月額は1,300円に。

ストレージの容量 料金
5GB 無料
50GB 月額130円
200GB 月額400円
2TB 月額1,300円

とは言え、200GB以上のプランだとファミリー共有を使えるので、月額はかなり抑えられますよ。

ファミリー共有を使えば、2TBでも一人当たり数百円で済む

iCloudをうまく使えば、iPhoneやiPad、Mac等のApple製品がいくら増えても「最低容量」のものを買えば事足るケースがほとんど。

iCloudが有れば、最小容量のものを迷わず選べる

それにiOS端末のiCloudバックアップは本当に便利です。

iCloudでApple製品(ハードウェア)の価格を抑えることができ、結果的に大きく出費を抑えることができると思いますよ。

iPhoneの空き容量(ストレージ)を増やす方法は3つしか無い

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事