iPhoneを令和に対応する方法 文字変換やカレンダー等

投稿日:

by maruuo

iOS12.3からiPhoneは正式に令和に対応しました。

今回はiPhoneで令和に対応する方法についてご紹介します。

令和の文字変換は簡単なのですが、カレンダー対応は知らないと少し難しいかもしれませんよ。

令和の文字変換について

令和の文字変換に対応するにはiOS12.3をインストールする必要があります。

それだけで「きょう」とキーボード入力するだけで「令和元年5月14日」と文字変換が可能になります。

お次は令和のカレンダー対応です。

令和をカレンダー等にも適用する方法

カレンダー等で「令和」を表示する方法をご紹介します。

1.「設定」で「一般」を選択

2.次に「言語と地域」を選択します

3.「暦法」を選んで

4.「和暦」をタップしたら終了です

そうすることで、iOS12.2までは「平成31年」という表記だったのですが、

iOS12.2の時の表記

「平成31年/令和元年」という表記に変わります。

iOS12.3のカレンダーの表記

月表示の場合は「令和元年」のみの表記になるようです。

これによりTwitter等、様々なアプリで「令和元年」の部分が「R1」と表記されます。

R1…何となくヨーグルトを思い出してしまいますね(笑)

関連記事:iOS12.3リリース!令和対応、ビデオアプリは死亡へ

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事