iPad AirとiPad Pro 10.5インチを比較!何が違う?【見た目は同じ】

投稿日:

by yoshimitu

こうして比べてみるとiPad AirとiPad Pro 10.5インチのデザインはほぼ同じですよね。

両方とも2224×1668ピクセルで264 PPIですし、True Tone対応でRetinaディスプレイという点も同じです。

では一体何がどう変わったのか?という点について紹介します。

iPad AirとiPad Pro 10.5インチの違い

リフレッシュレートが違う

iPad Proは最大120HzでiPad Airは60Hzとなっています。つまり画面を動かすときのヌルヌル具合がiPad Proの方が断然上ということになります。

カメラとスピーカーが違う

iPad Pro10.5インチのカメラは12メガピクセルでLEDフラッシュ有り、光学手ぶれ補正及びオートフォーカスに対応しています。スピーカーの数は4つなので迫力のある音を楽しめます。

一方iPad Airは8メガピクセルでLEDフラッシュや手ぶれ補正、オートフォーカス機能はありません。またスピーカーの数は2つという最小限の仕様となっています。ただしiPad Airはカメラの突起がほとんどありません

カメラとスピーカーに関してもiPad Proの方が勝っていると言ってもいいでしょう。

処理能力が違う

搭載しているプロセッサはiPad Pro10.5インチはA10X Fusionチップです。

iPad AirはA12 Bionicを採用し、Neural Engineによって機械学習をしていくので、圧倒的にiPad Airの方が処理能力が高いと言えます。

お値段が違う

リフレッシュレートやカメラスピーカーの機能を若干落とすことで、iPad Airはかなり安くなっています。

  • 64GB:54,800円(税込み59,184円)
  • 256GB:71,800円(税込み77,544円)

iPad Pro10.5インチはAppleのオンラインストアでは販売が終了したので、Amazonでの価格はこのようになります。

※消費税込み。

金額差としては約20%ほどiPad Proの方が高いことになります。

まとめ

見た目は同じiPad AirとiPad Pro10.5インチですが、機能面では大きく異なります。

価格を重視するのであればiPad Airが断然オススメです。

リフレッシュレートやスピーカー、カメラを重視するのではあればiPad Pro10.5インチの方が良いでしょう。…と、言いたいところですが10.5インチのiPad Proを選ぶ理由はほとんどありません。

今iPad Proを買うのであれば、超ハイスペックであるiPad Pro11インチ一択ではないでしょう。リフレッシュレートやスピーカー、カメラの全てが10.5インチよりも11インチのiPad Proの方が上となっています。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事