iPhone XS/XS Maxの「Suica予備電力」、本体の電源が切れてから”5時間”持つ

投稿日:

by ゆう

iPhone XS/XS Maxには、本体バッテリーが切れてもSuicaが利用できる「予備電力機能付きエクスプレスカード」機能があります。

これにより、バッテリーが切れている状態でも改札の出入りが可能になりました。

とはいえ、この予備電力だって無限ではありません。いつかは切れてしまうのですが……いつまで持つの?という疑問への答えが、Appleサポートページに記載されています。

最大5時間まで予備電力機能付きエクスプレスカードが使えるとのこと。

iPhone XS や iPhone XS Max では、iPhone の充電が必要な状態になっても最大 5 時間まで予備電力機能付きエクスプレスカードが使えます。
引用:Apple サポート

iPhoneのバッテリーが切れた時にSuicaが利用できるかどうか確認するには、サイドボタンを押せばいいそうです。

ただしサイドボタンを押して何度も確認していると、予備電力が大幅に減少する可能性があるとも記載されていました。利用確認はほどほどに、ということですね。

またiPhoneの電源を切ってしまうと、この予備電力機能は使えなくなる、とも案内されています。

もしもiPhoneのバッテリーが残り少ないピンチのときは自分から電源を切らず、自然にバッテリーが切れるようにしたほうがいいみたいですね。

というわけで、iPhone XS/XS Maxの「予備電力機能付きエクスプレスカード」は、最大5時間持つとのことでした。たいていの在来線なら5時間あれば移動は終わりそうですね。

ただし、モバイルSuicaで新幹線に乗車できる「タッチでGo!新幹線」などをお使いの場合……移動距離によっては5時間ぐらいかかりますよね。東京〜博多間が約5時間でしょうか。

ギリギリ間に合わない場合もあると思いますので、長時間移動する際はモバイルバッテリーを持つか、新幹線であれば壁側のコンセントでiPhoneを充電したほうが良さそうです。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事