まるで近未来映画?目の前の現実世界に◯◯を表示するARアプリが話題に

投稿日:

by HikaruSano

AR機能実装のためにAppleが公開したARKit、ゲームアプリやなんかに実装され始めてはいるものの「すごい!」と驚かれるようなアプリはまだリリースされていませんね。

しかし先日公開されたとあるツールアプリは、「(実用性は別として)すごい!」と思わせるようなARKitの使い方をしており、世界中で注目が集まっています。

まるで近未来映画のワンシーン

12月5日に公開されたツールアプリ『TweetReality』、名前の通りTwitterクライアントアプリでAR機能を実装したアプリとなっています。

「TwitterでどうやってAR機能使うの?」と疑問しか浮かばないのですが、実はこのアプリ実用性は全くないけど面白いARKitの使い方をしているんです

このアプリは「目の前の現実世界にTwitterを表示させる」というアプリで、上記動画を少し見ればわかりますが実用性はほぼ皆無と言えます。

しかしその映し出された映像は近未来映画のARツールそのもので、文字が小さすぎて読めないといった問題や、リンク先を開けないといった問題があるものの、エンターテイメントとしてはなかなか面白い発想ですね。

実はこのアプリ、開発者によると「ARグラスが発売された際のTwitterアプリのプロトタイプ」だそうで、Appleが開発中と噂されているARグラスに実装するための試験なんだとか。

確かにARグラスを装着してこの画面を見ていると思えば、もしAppleがARグラスをリリースした際にこのような表示のツールアプリが多数リリースされるのかも知れませんね。

Apple製のARグラスが開発中なのか、いずれリリースされるのかは不確かなものですが、こういった未来が想像されていると思うと楽しい部分もあります。

このアプリは試験段階でまだまだ問題も山積み、対応していない標準機能も多く使い物にはならないのですが、ARグラスがリリースされる頃には最先端のアプリに変貌しているかも知れませんね。

まとめ

筆者はこのアプリを見て、2002年に公開されたSF映画『マイノリティ・リポート』で主演のトム・クルーズが、AR表示された資料を調べるシーンを思い出しました。

上記映画の舞台は2050年くらいの未来を舞台にしたものでしたが、映画のような世界がすぐそこまで来ているのかも知れませんね。

TweetReality
ソーシャルネットワーキング
無料
iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:THE VERGE

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事