iPhone Xの「デュアル光学式」と「インカメラのポートレートモード」を試してみた!

投稿日:

by yumi

これまでのiPhoneとガラッと変わったiPhone Xですが、実はカメラ周りにもiPhone Xにしかない機能が搭載されているんです。

ということで今回は、その機能「デュアル光学式」と「FaceTimeカメラ(インカメラ)のポートレートモード」を試してみましたよ!

iPhone Xにしかないカメラの機能

以前こちらでもご紹介したのですが、iPhone XとiPhone 8/8 Plusで違う点は、カメラの場合以下となっています。

※1:正式名称はiPhone Xでは「TrueDepthカメラ」、iPhone 8/8 Plusでは「FaceTime HDカメラ」となっています。

※2:ポートレートライティングとは、高度なアルゴリズムを使って顔の特徴と光の相互作用を計算。そのデータを使って照明エフェクトを作り出す機能

iPhone Xでは手ぶれ補正が「デュアル光学式」に、そしてポートレートモードがFaceTimeカメラにも搭載されました。

一体どういう風に撮影できるのか…それぞれ試してみましたよ!

デュアル光学式

まずは手ぶれ補正がデュアル光学式になったということで、iPhone 8 Plus(光学式手ぶれ補正)と撮り比べてみました⇓

この動画を見てもらえれば…一目瞭然ですね!iPhone Xの方がブレが少なくなっています。

この手ぶれ補正、iPhone 8 Plusも相当すごいな…と以前は思っていたのですが、iPhone Xを見てしまうとその性能差にビックリです(;´Д`)

FaceTimeカメラのポートレートモード

続いてFaceTimeカメラのポートレートモードを試してみましょう。ポートレートモードはみなさんもご存知だと思いますが、こんな感じで背景を一眼レフのようにボカせる機能です⇓

これがFaceTimeカメラに搭載されているということは…自撮り用ってことですねw

さっそく撮ってみると…うん、顔をフィーチャーされて背景は良い感じにボケています。

が、なんとなく合成感のある仕上がりな気も…?w

ちなみに2人でも綺麗に撮れますよ。自撮りをよくする女性なんかには良い機能かもしれませんね。

ということでiPhone Xのカメラについてご紹介しました。「動画をよく撮る」「自撮りをよく撮る」という方はiPhone X、かなりオススメです…!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事