Appleがフランスのスタートアップ企業を買収!バーストモード撮影がすごく便利になるかも

投稿日:

by HikaruSano

あまり報道されませんが非常に多くの企業を買収しているApple、買収によって得られた知識や技術はどんどんiPhoneやMacなどに反映されているのでしょう。

Appleは中堅以上の専門企業を買収する事が多いようなのですが、なんと今回買収したのはフランスのスタートアップ企業だったようです。

バーストモードやFace IDの性能向上

今年初めにAppleは、Regaindと呼ばれるフランスのかなり小規模なスタートアップ企業を買収していました。

小規模な上にスタートアップとあって全然ニュースにならなかったのですが、このRegaindが開発していた技術とは「写真を解析するAPI」との事。

「写真を解析するAPI」と言われてもピンと来ないのですが、具体的な効果を挙げるなら「写真を自動でタグ付け・振り分けしてくれる機能の精度向上」などが挙げられます。

以前よりiPhoneで撮影された写真は自動的にタグ付けが施されており、自分でダグ付けしなくても『写真』の検索窓で単語を入力する事で、その単語にマッチする写真を検索する事ができました。

しかしこの機能も便利と言えるほどの精度ではなく、「あれば便利だけど手助け程度」の機能であり、メディアなどであまり紹介される事のなかった機能と言えます。

Regaindの「写真を解析するAPI」はこの精度を引き上げ、大量に撮影した写真により細かくより正確なタグ付けを実施し、『写真』の検索機能を向上させる事ができるそうです。

また撮影ボタン長押しでできる「バーストショット」も撮影後の選定が面倒なのですが、「写真を解析するAPI」によって連続撮影された写真の中から最も美しい写真を自動選定し、重複した写真を自動的に隠す事ができ、写真の分類を自動的に行ってアルバムの自動生成までできるとの事。

カメラ部門には以前から非常に力を入れているApple、この機能がすでにiOS 11やiPhone 8などに実装されているのかは不明ですが、これらが実装されればよりiPhoneでカメラを使う機会が増えるかも知れませんね。

まとめ

「写真を解析するAPI」には他にも顔写真から「性別」「年齢」「感情」などを識別する事が可能だそうで、iPhone Xで実装されるFace IDの精度向上にも一役買うだろうと専門家は見ているようです。

またユーザの表情を顔絵文字に反映する「Animoji」にも当然関わってくる技術なので、「写真を解析するAPI」の実装はiPhone Xのリリースと共に、なのかも知れません。

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

参考:TechCrunch

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事