【iOS 11】iPhoneの残り容量を増やせる!新機能「Appの領域を解放」とは

投稿日:

by ryo

こんにちは、ryoです。

iOS 11の新機能が続々と明らかになっていますが、今回もそのうちの一つをご紹介!

新しく追加されたのは「Appの領域を解放」という機能。これを使う事で残り容量を増やせるんだとか…?

一体どんな機能なのか見て行きましょう!

非使用のアプリを、セーブデータを残した状態で削除出来る

iOS 11に追加されたのは「Appの領域を解放」という機能。これを利用すると、通常の削除とは違って書類やゲームのセーブデータを残したままアプリ本体を削除出来るようになります。

使うには、設定アプリ→「一般」→「ストレージ」→各アプリ→「Offload App(Appの領域を解放)」をタップすればOK。

iPhoneの容量を空けたいけど、ゲームのセーブデータは消したくない…という時にかなり便利な機能となっています。

ちなみにアプリが解放された状態になると、ホーム画面では暗く表示され起動する事が不可能に。でも書類やセーブデータは残った状態なのでご安心を!

再びアプリを利用したいと思った場合には、もう一度App Storeからダウンロードしなおす事で、以前と同じ状態から使い始める事が出来ますよ。

また、この機能には「自動」と「手動」の2種類の利用方法があります。

手動については先ほどご紹介した通りで、自動の場合は「iPhoneの容量が足りなくなった時に自動で使っていないアプリの領域を解放(書類は残した状態)」してくれます。

設定アプリ→「iTunes & App Stores」→「Offload Unused Apps(使用していないAppの領域を解放)」からオンにできますよ。

どの程度の日数が経つと自動解放されるのかは現時点で明らかとなっていませんが、使っていないアプリでデータも残ったままなら解放されても問題なさそうですね!

以上、iOS 11で追加予定の新機能について紹介しました。

昔遊んでいたゲームのデータだけを残して、とりあえずアプリ自体は削除するという事が簡単に出来るようになるので、容量が足りなくて困っている方にはかなり便利な機能となりそうです!

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

参考:cydiageeks.com

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事