好きなことで生きていく…のは難しい?YouTuberの収益が激減しているらしい

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

YouTubeに動画を投稿して収益を上げているYouTuber。

海外では10億円を稼ぐYouTuberもおり、最近では「小学生のなりたい職業ランキング」にランクインすることも珍しくなくなってきました。

しかしやはり好きなことで生きていくのは難しいのか?1再生あたりの収益が、以前に比べて10分の1ほどとなってしまったようですよ><

1再生あたりの収益が10分の1に

そもそもYouTuberの主な収益源は、

  1. 動画に広告を出す企業からの広告料(動画の再生回数に応じる)
  2. 企業とのタイアップ報酬(商品の紹介動画など)

と言われており、今回報酬が激減したと囁かれているのは「1.動画に広告を出す企業からの広告料」。

これはYouTubeが提供している「YouTube パートナー プログラム」に則ったもので、YouTuberが動画を収益化し、表示される広告やYouTube Redユーザー(有料サービス)による視聴から収益を受け取れる…という仕組みになっています。

この「1再生あたりの報酬」については公式に明かされていませんが、どうやら以前は1再生0.1円ほどだったのが、現在はその10分の1の0.01円まで下がってしまったのだとか…。

日本のトップYouTuberであるHIKAKINさんの動画を例に見てみると…以下の動画の再生数は記事執筆時点で2,260,522回。200万回以上の再生数にも関わらず、0.01円で計算するとたった22,605円ということに。

以前は0.1円で20万円を超えていたと考えるとかなり厳しいですね(;´Д`)

ただしこの1再生当たりの報酬は、再生数やチャンネル登録者数などによって異なると言われているので、HIKAKINさんを含め全YouTuberが0.01円になったわけではないと考えられます。

そして1再生あたりの報酬が下がった原因も公にされているわけではありませんが、一説によると「質の低い動画が増えたため、広告料が引き上げられた」と言われているよう。

先日、HIKAKINさんが「睡眠時間は2〜3時間」と24時間密着動画で明らかしていましたが、好きなことで生きていくYouTuberは体力的にも収入面でも厳しくなってきた、ということなのかもしれませんね…。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事