「3.5インチが最上」の時代は2020年で終わり?4インチ以下のスマホは数年で消滅か

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

2007年に初めてiPhoneがお披露目された時、故スティーブ・ジョブズは「(スマホは)片手に収まる3.5インチこそ最上だ」と述べていました。

しかしIT専門調査会社IDCの予測によると、今後数年のうちに4インチ以下のスマホは消滅するとのこと…。

もしかしたら4インチのiPhone SEの存在も危ういかもしれません。

「片手に収まることが良い」時代は終わり?

今から10年前、初代iPhoneを紹介する際に「3.5インチは最上のサイズ」と述べていたスティーブ・ジョブズ氏。

しかし現在のAppleのフラッグシップモデルiPhone 7/7 Plusはみなさんご存知の通り4.7インチと5.5インチ。AppleのiPhoneだけでなく、他メーカーが発売しているスマホもどんどん大型化していますよね。

やはり時代は「大型化」らしく、IT専門調査会社IDCの予測では2020年には4インチ以下のスマホが消滅するとされています。

また、興味深いのは6インチ以上のスマホの出荷数がほぼ変わらないという点。人にとって一番使いやすいのは5〜6インチということなのでしょうか。

もちろんこれは1つの予想ではありますが、先日満足度トップに輝いたiPhone SE(4インチ)の後継モデルについてまったくアナウンスがないことを考えると、この予想も頷ける部分はあるのかもしれません。

とは言えiPhone SEは来週開催のWWDC 2017で新型が発表されるのでは?というウワサもありますし、期待して待ちたい所ですね。

個人的には、本体の大きさはiPhone 4/4Sぐらいで全面ディスプレイ!となったら最高なんだけどなぁ…なんて妄想しますが、みなさんが一番好きなサイズはなんですか?

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:IDC

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事