交通事故に遭った男性「Apple Watchのおかげで助かった」

更新日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

LINEの通知を知らせてくれたり、ランニングした距離をはかったり、道順をナビゲートしてくれたり…スマートウォッチ界を牽引する存在のApple Watch。

今回はそんなApple Watchのおかげで「命が助かった」という男性が現れましたよ。一体どういうことなのか詳しく見てみましょう!

Apple Watchのおかげで命拾い

今月6日、米メリーランド州に住む22歳の大学生Casey Bennettさんは愛車のジープで事故にあってしまったそう。

他の車にぶつけられ、エアバックが飛び出すほど強い衝撃で車は上下逆さまの状態に…。

イメージ画像

シートベルトをきちんと締めていたCaseyさんですが、緊急通報しようにも身動きがとれず、フロント部分に置いていたiPhoneはどこかに落ちてしまって見つからない…そんな時に思い出したのがいつも着けているApple Watchの存在だったそうです。

CaseyさんはApple Watchの緊急通報機能を使って911(日本の110番)にダイヤルし、助けを求めたのだとか。

 

Apple Watchの緊急通報機能は昨秋リリースされたwatchOS 3で追加され、サイドボタンを長押しするとこのように

  • 電源オフ
  • メディカルID
  • 緊急SOS

という選択肢が表示されます。

そのまま長押しし続ける、もしくは「緊急SOS」をスライドさせると各緊急通報先が表示され、タップすることによりダイヤルが可能(※iPhoneが近くにあることが前提)

Caseyさんは「自分が通報しなくても、誰かがしてくれていただろうと思う。でも救助が来るか分からない状態だったから、(緊急通報先の)人と話しているというだけで安心できた」と語っています。

なかなか日本では普及が進まないApple Watchですが、レアなケースとは言え今回のCaseyさんのような事故に万が一あってしまったら…と考えると、身につけておくと安心だなと思いますね。

事故で負ったケガは約2週間後に回復。CaseyさんがAppleのティム・クックCEOに「Apple Watchのおかげで助かった」と手紙を送ったところ「無事で本当に良かった」と返答をもらったそうですよ。

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

参考:9to5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事