個人情報の危うさ…「なりすまし」のせいで700人もの同性愛者に尋ねられている男性がいた

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

皆さんは個人情報の漏洩に、危機感などはお持ちですか?

「大した情報じゃない」「有名人でもあるまいし」といった意見が大半だと思うのですが、どうやらそれじゃ済ませられないような事案が発生しました。

数ヶ月で700人が訪ねてきた…

マンハッタンに住む32歳の男性マシュー・ヘリックさんは2016年10月のある日、突然の来訪者に驚く事になります。

玄関のブザーが鳴り見に行くと、見知らぬ男性が「数分前に自分をセックスに誘った人物で間違いないか?」と発言したのです

身に覚えのないヘリックさんは当然「違う」と答え、なぜ名前と自宅を知っているのか尋ねました。

すると男性はスマホを取り出し(同性愛者・バイセクシャルの人向け)出会い系アプリ『Grindr』の画面を提示、そこには自宅アパートのキッチンで上半身裸になっているヘリックさんの写真が写っていました

この写真はヘリックさん本人が『Instagram』にアップロードしている写真で、何者かがヘリックさんに成りすまし『Grindr』でお相手を募集している、という状態だったのです。

ヘリックさんは訪ねてきた男性に「この写真は私だけど、私のアカウントではない」と説明しました。

その後、その日だけど同様の来訪者は最初の彼を含めて3人、翌日にも3人やってきて、全員が『Grindr』でのやり取りを経て訪ねてきた事が判明しました。

ヘリックさんは『Grindr』に偽のアカウントが存在している事を訴えますが、そのアカウントは一向に消える気配がありません。

そして日が経つにつれて被害は拡大し、当初3人程度だった1日の来訪者は10人近くに増え、自宅に加えて勤務先のレストランにも現れるようになり、果ては電話番号も掲載され電話やSMS、性器を写した写真が送りつけられるようになっていきました。

また、アカウントに掲載されている情報が悪質化し、「コンドームなしのセックス、乱交パーティ、ドラッグもOK」「レイプしてほしい」「自分がノーと言ったとき、それは本当はイエスを意味している」といった内容が掲載されるようになります。

数ヶ月で700人以上が彼を訪ねており、ヘリックさんは涙を浮かべながら「私は人生を奪われ、プライバシーを奪われました。毎日が屈辱で、まるで生き地獄です」と訴えています。

どこからか漏れた個人情報と、それに基づいて探されたであろう他のSNSから情報(写真など)を得られ、何の罪もない彼は今地獄を見ています。

まとめ

いかがでしたか?

彼は現在何の対策も行わない『Grindr』を提訴し、この状況の打破に向けて動いています。

個人情報はそれ自体にさほど価値は無いかも知れませんが、恨みを持つ人間などからこういった嫌がらせ行為などを行われるかも知れないので、情報管理はしっかり行うようにしましょう。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:WIRED

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事