iPhoneの生体認証が変わる?Appleが音響映像化技術を利用した特許取得

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

iPhone 5sから導入された「Touch ID」、ロック画面解除やApp Storeでの購入承認などで利用出来るようにしている方も多いかと思います。

いわゆる生体認証である「Touch ID」ですが、もしかしたらより強固で便利な生体認証がiPhoneに搭載されるかも知れませんよ。

音響映像化技術

先日Appleが取得した新たな特許「音響映像化技術」は、ザックリ言うと画面全体で「Touch ID」が利用出来るようになる、と考えてもらえればわかりやすいと思います。

「Touch ID」では「静電容量方式」という技術が採用されており、指がホームボタンのガラスに与える電荷をマッピングして指紋地図を作成・照合するモノでした。

今回取得された「音響映像化技術」では「Touch ID」の「静電容量方式」を使わず、新しく考案された「音響技術」を利用して生体地図を作成・照合します。

これには2つの「トランスデューサ」と呼ばれるエネルギー変換機が用いられ、一方が電気を画面ガラスを透過する音波に変換・発生させて画面に触れている生体に当て、跳ね返ってきた音波をもう一方が検知、電気信号に変換して指紋地図を作成・照合するというもの。

指紋のようなごく小さな溝での音波による「反射」「減衰」「回折」を検知する事ができ、画面のどこでも検知・認証できるのでかなり便利になる事が予想されます。

また画面全体を使う事ができるので、指に限らず手のひら、足の裏、耳といった大きな範囲を生体認証の対象にする事ができ、今までよりも強固な生体認証にする事が可能。

次期iPhoneには「顔認証」が導入されるとの噂もあり、この技術がすぐに採用されるとは限りません。

ただ顔認証には精度などの問題点も多く、特にカメラなどを利用した認証である事から「Touch ID」以上に動作に時間が必要だとも考えられています。

画面全体で「Touch ID」が利用出来るようになる「音響映像化技術」の方が便利そうなので、Appleにはぜひ商品化して欲しいところですね。

まとめ

いかがでしたか?

この技術が採用されれば画面のどこに指が触れていても生体認証ができるので、サイズが以前よりも大きくなる傾向にあるiPhoneにはかなり相性の良い技術かと思います。

また必ずしも手の指で登録する必要がなさそうなので、耳とかで照合するようにしておけばiPhoneを盗み見されたりする心配もなくなるかも知れませんね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:appleinsider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事