iPhone 8のワイヤレス充電はやっぱり「Qi」じゃない?5つのチームでApple独自規格を開発か

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

次期iPhoneに搭載されるともっぱらの噂のワイヤレス充電。しかしその規格は「Apple独自のものになるでは?」「いやいや最初はQiでしょ」と情報が散乱しています。

最近は「人気があって、すでに様々な対応製品が出ているQi規格を採用するのでは」という説が濃厚ですが、どうやらAppleは独自規格を諦めていないようですよ。

なんとAppleにはワイヤレス充電に取り組むチームが5つもあるらしいんです。

5つのチームがワイヤレス充電に取り組む

これまで次期iPhoneに搭載されると言われているワイヤレス充電の噂をまとめると、

という2つの説がありました。

iPhoneユーザーとしては革新的な「WattUp」を期待したいところですが、最近は「Qiを策定する業界団体のサイトに、メンバーとしてAppleの名前があった」という事実から、Qiの搭載が濃厚に…。

しかしここに来て、Appleが独自規格を諦めていないという情報が入ってきましたよ!

一般的に考えると、1つの技術(今回の場合はワイヤレス充電)を開発するためには、何人かが1つのチームとして作り上げていく…というのが考えられますが、なんとAppleのワイヤレス充電チームは5つもあるとのこと。

Appleの内部事情を知る開発者によれば、Appleのチームは大体20〜30人で構成されているパターンが多いそう。ということは5つのチームなので、計100人〜150人がワイヤレス充電について開発を進めているということになります。

現在すでに搭載されている製品が多いQi規格をそのままiPhoneに使うなら、ここまでの人数は必要ないような…?

さらにもしQiを搭載するとなれば、それは完全に他社の後追い。すでにQi規格でワイヤレス充電ができるスマホはGalaxyをはじめ、Nexus、ARROWS、AQUOS PHONEなどなど多くあります。

個人的には、発表イベントで「我々はついにケーブルという習慣から解放される…ワイヤレス充電搭載!Qi!」とプレゼンしている風景がどうにも想像できないですしw、Lightningをはじめ独自規格が大好きなApple。

Qiではない、業界をリードするような革新的な技術に期待してもいいのではないのでしょうか…!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Cult of Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事