低迷期のAppleは「Apple Cafe」を計画していた!デザイナーはディズニーの元イマジニア

更新日:

by yumi

現在、世界20ヶ国に470店舗以上あるApple Store。

記念すべき最初のApple Storeは2001年5月19日にオープンしましたが、それよりももっと前、1996年に「Apple Store」ならぬ「Apple Cafe」の計画があったそうなんです。

しかもデザインは元ディズニーのイマジニアによるものだったのだとか。今からでもぜひ作って欲しい…!

もしかしたらApple StoreはApple Cafeだったかも

Apple Cafeの計画が持ち上がったのは1996年。

Appleファンの方ならご存知かもしれませんが、1996年はAppleから追放されたジョブズ氏がCEOに復帰する前年で、まさに「暗黒期」と言えるほど業績が低迷していた時期。

Photo credit: Marcin Wichary via Visualhunt / CC BY

Appleは「どうにかAppleというブランドを使って現金を稼ぎたい」と考えており、そこで浮上したのが「Apple Cafe」だったそうなんです。

そのデザインはAppleが考えたものではなく、ディズニーランドの元イマジニア(※)で、ユニバーサルスタジオやラスベガスにあるベネチア風ショッピングモール「Grand Canal Shoppes」などのデザインを手掛けたトニー・クリストファー氏が考えたもの。

※イマジニアとは…「イマジネーション」と「エンジニア」を組み合わせたディズニーの造語。数々のアトラクションの企画や設計、製作を担う(参考:MONOist

Photo via Visual hunt

そのため「Apple Cafe」は、なんとなくディズニーランドにありそうなデザインとなっていますよ⇓ 

いまのスタイリッシュなApple Storeからは考えられないほど「サイバー感」が溢れていますよね。

個人的には東京ディズニーランドのスペースマウンテン近くにあるピザショップ「パン・ギャラクティック・ピザ・ポート」に雰囲気が似ているなぁと思いましたw

Apple製品を買えるブースや、

バーカウンターでタブレットらしきものを使って食べ物・飲み物を注文している様子が描かれています。

クリストファー氏によればApple Cafeの計画は順調に進んでおり、CEOに復帰したジョブズ氏が計画を知った時も「大変気に入っていた」とのこと。

しかしジョブズ氏の中にはすでに今のApple Storeのアイデアがあったそうなんです。結果Apple Cafeは見送られ、Apple Storeが出来た…というわけですね。

スタイリッシュなApple Storeもいいですが、エンターテイメントに溢れたApple Cafeもぜひ行ってみたいですよね!Appleさん、今からでも再計画いかがでしょうか…?w

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:FASTCOMPANY

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事