祝10周年!iPhoneの進化10年分を振り返ってみよう

更新日:

by ryo

こんにちは、ryoです。

2017年1月9日でiPhoneは発表から10年を迎えました。この10年の間でiPhoneは当時考えもしなかったほど進化を遂げていますよね。

そこで今回は、そんなiPhoneの10年間を振り返ってみたいと思います。10年間でここまで技術が発展するものなのか…と感じさせられますよ!

初代iPhone

10年前の2007年1月9日に発表されたのが、この初代iPhone。

当時のコンセプトとしては、「iPod、電話、インターネット機能」を一つにしたものという形でした。

この頃はまだ日本での取り扱いはなく、一部のコアなユーザーが興味本位で持っているという程度でしたね。

iPhone 3G

日本で最初に本格的に売り出されたのがこの機種。当時はソフトバンクのみが販売していました。

「文字を入力するためのボタンが無くて何が出来るんだ」といった評論家のコメントが記憶に残っていますが、当時としてはかなり画期的な製品だったことは間違いありません。

App Storeを搭載し、サードパーティ製アプリのインストールを許可した事で、iPhoneの使用の幅が爆発的に広くなりました。

iPhone 3GS

「iPhone 3G」の改良版という位置づけのiPhone 3GS。iPhone 3Gからスペックも大幅に改良され、やっと通常の使用でもストレスがたまらなくなりました。「S」は「Speed」のSだとも言われています。

3GSで初めてiPhoneに動画撮影機能が搭載され、音声コントロールにも対応しました。

これまで動画の撮影が出来なかったなんて、今では考えられませんね!

iPhone 4

ここでデザインの一新が行われます。ポリカーボネート製の背面が、角ばったガラス製の背面になった事で、より小型化していきます。

また画面にはRetinaディスプレイを搭載し、高精細な画像を楽しむ事が出来るようになりました。

今では自撮りに欠かせない「フロントカメラ」が搭載され始めたのもこの機種からです。

iPhone 4S

Siriを搭載し、カメラの大幅な性能アップを行ったのがiPhone 4S。日本ではこの機種からauも取り扱いを始めた事で、さらに利用者が増えて行きます。

iPhone 4Sの発表翌日にスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった事もあり、「ジョブズの最後の作品だ」とも言われました。

iPhone 5

初めて4インチディスプレイを搭載し、画面サイズが大きくなりました。またLightningコネクタを採用するなど、iPhone 4Sから大きな変化を遂げています。

何よりLTEに対応した事で高速でデータを転送する事が可能に。初めて外出中にSafariで検索した時の感動と言ったら…!

iPhone 5s

外見上での大きな変化はありませんが、Touch IDを採用し始めたのがこの機種です。

「モーションコプロセッサ」を搭載した事で、より効率的に情報を処理する事が出来るようになっています。

カラーバリエーションに「ゴールド」が登場し、人気のあまりオークションで数倍の値が付いて取引される、なんて事もありましたね。ソフトバンク、auに続きドコモがiPhoneの取り扱いを始めたのはこの機種からです。

iPhone 5c

iPhone 5sシリーズの廉価版という事で発売されたのがiPhone 5c。中身はほとんどiPhone 5と同じですが、外装などでコストを削減し、比較的安価に抑えています。

5色のカラーバリエーションを用意し、選択肢がかなり広がりました。

iPhone 6/6 Plus

画面サイズがiPhone 5sから大きくなり、更に大きいサイズとしてiPhone 6 Plusも用意されました。

iPhone 6と6 Plusでは、6 Plusに光学式手ぶれ補正が搭載されている以外、他の大きなスペック差が無いのも特徴です。

本体の薄さからすぐに本体が曲ってしまうという噂が発売直後に流れましたが、結局通常の使い方ではその心配は要りませんでしたよね。

iPhone 6s/6s Plus

外見の大きな変化はないものの「3D Touch」が画面に採用されました。またカメラ機能も大幅に強化され、「Live Photo」の利用も可能になりましたね。

このシリーズは発売後3日間で1,300万台を売り上げるという、iPhoneシリーズ史上最高の売り上げを記録しました。

iPhone SE

画面サイズがiPhone 5/5sと同じ4インチのモデルとなっていますが、その中身はiPhone 6sとほぼ等しく、かなり高性能な機種となっています。

ちなみに「SE」は「Special Edition」の略である事が明らかになっていますよ。

小さい画面の機種が欲しいというユーザーの声を反映して発売された機種でしたが、その売れ行きは意外とパッとしなかったようです。

iPhone 7/7 Plus

現時点での最新モデルがこのiPhone 7/7 Plus。デザイン上の大きな変更はありませんでしたが、カメラの高性能化など順当にスペックアップしています。

またこのシリーズではiPhone 7と7 Plusの性能差が顕著になり、iPhone 7 Plusにはデュアルレンズカメラが搭載されました。

イヤホンジャックが廃止された事で話題を呼んだ製品でもありますね。

まとめ

ということでiPhoneの10年間を順を追って見てみましたが、いかがでしたか?

順当に性能強化される時もあれば、デザインが大幅に変更されたりと変化に富んだiPhone。次のiPhoneからも目が離せませんね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

ryo

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事