知っていればいつか役立つかも…?撮影した写真をカメラロールに残さない方法

更新日:

by yumi

「めちゃくちゃ役立つ!」というわけではないですが、知っていればいつか役立つかも…というiPhoneの小技をご紹介。

サードパーティ製アプリを使わなくても、iPhoneで写真を撮ったとき「カメラロール(写真アプリ)」に残さない方法があるんです!

誰にも見られたくない写真、念には念を入れるときに便利…かもしれませんw

カメラロールに写真を残さず撮影する方法

その方法とは標準の『メモ』アプリを使ったもの。

初期設定となっているので特に設定をいじる必要はありませんが、まずiPhoneの設定アプリ→「メモ」→「メディアを”写真”に保存」がオフになっているか確認しておきましょう。オンになってた場合はオフにしてくださいね。

あとは写真を撮るときに、メモアプリを起動→カメラアイコン→「写真またはビデオを撮る」から撮影すればOK!

メモに写真が貼られますが、カメラロールに保存されることはありません。

いちいちメモアプリを起動するのが面倒、という方はウィジェットに『メモ』を追加しておくとラクですよ。

1つ注意点としては、カメラロールに残らないということは、写真が貼られたメモを削除してしまうと写真も消えてしまうということ。

なので逆に「メモから撮った写真をカメラロールに残しておきたい」という方は、上述した設定アプリで「メディアを”写真”に保存」をオンにしてくださいね。

今すぐに用途が思い浮かばなくてもいつか使えるかも…w ぜひ覚えておいてください☆(ゝω・)v


関連記事