iPhone、まじでアメリカで作られるようになるかも…台湾のホンハイが検討開始

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

大統領選挙中「Appleにはアメリカで製品を作らせる」と発言したトランプ氏。

本当にそうなった場合iPhoneの価格はウンと高くなるでしょうし、この点に関しては「トランプ氏の主張は非現実的」と考えていた方も多いと思います。

しかし本日、iPhoneの製造を請け負っている台湾のホンハイが、iPhoneをアメリカで生産する検討を開始したというニュースが入ってきました!

iPhoneの「Made in USA」に現実味

「Appleにはアメリカで製品を作らせる」「中国製品に45%の輸入関税をかける」と主張してきた次期米大統領のトランプ氏。

このトランプ氏の政策がもし現実のものとなった場合、Appleは

  • アメリカで作れば=製造コストが従来の約2倍に
  • アメリカで作らず、今まで通り中国で作っても=45%の輸入関税分、コストがかかる

と、どちらを選んでも厳しい道が待っています。

そんな中、本日日本経済新聞が関係者からの情報として「iPhoneの製造を請け負っている台湾企業のホンハイが、iPhoneの生産をアメリカで行う検討を開始した」と報じました。

ホンハイ(鴻海精密工業)はFoxconnグループの中核会社 Photo byWikimedia

しかもアメリカでの生産を打診してきたのは、他でもないApple。トランプ氏がApple批判を強めていた今年6月、Appleからホンハイに「アメリカでiPhoneを生産できないか」と持ちかけてきたんだとか…。

Appleは大統領選でトランプ氏が勝利すると考えていたのか、それとも「念のため」ということだったのでしょうか。

ちなみにホンハイと同じくiPhoneの製造を請け負う台湾企業ペガトロンにも同様の打診がAppleからあったそうですが、こちらはすでに断ったそう。

ホンハイは果たしてどのような決断を下すのか…トランプ氏が大統領に就任するのは来年1月。iPhone 8s〜9あたりからは「Made in USA」の刻印がされているかもしれませんね!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事