そこまでやるか…「Pokémon GO Plus」の基盤を改造する猛者がいる模様

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

人身事故を引き起こしたり不法侵入、信じられない数のプレイヤーが一箇所に集まったりと話題に事欠かない『Pokémon GO』、プレイをしやすくする為に「Pokémon GO Plus」という公式ガジェットも発売しましたね。

「Pokémon GO Plus」はスマホを見なくてもボタンを押すだけで一定の動作をしてくれるワケですが、その操作すら面倒だと思った人がいたようなんですよ…。

基盤改造したらオート化できた

Youtubeに上がった2つの動画「ロケット団のPokemon GO Plus 自動捕獲改造」と「Pokemon GO Plus 自動捕獲改造解説」は、なんと「Pokémon GO Plus」のボタンを押さなくても自動的に動作してくれる改造を紹介しています。

動画投稿者のNoguo Shinkaiさんはコメントで「*非正規に分解・改造した無線機器を日本国内において使用すると法律違反となる場合があります。」と書いていますが、改造方法までご丁寧に説明。

実際に動画ではスマホも「Pokémon GO Plus」操作せず、自動的に動いてポケモンを捕獲しているシーンを紹介しています。

動画では発見したマダツボミに近づくと自動的にボタンが押された時のライトが光り、マダツボミをゲットだぜ!しています。

また先に述べた通り改造方法を紹介しており、基盤のどこをどうすればこのような改造ができるのかも説明。

筆者はどちらかといえばこういった行為に反対なので画像はモザイクをかけさせていただきますが、動画では鮮明な画像で解説されています。

ここまですると「じゃぁ一体何が楽しくてPokémon GOしてんの?」と聞いてみたくなるのですが、まぁ「俺強ぇー!」したいんでしょうね…。

人のプレイスタイルにあれこれ言うのは野暮ってもんですが、さすがにゲーム本来の楽しみ方を捨てて自身の承認欲求だけを満たしたいっていう行動には正直呆れてしまいました。

また「Pokémon GO Plus」は発売直後にすぐ売り切れになり価格高騰、転売ヤー達もオークションなどでウハウハしているのですが、その中にはこの「改造代行」や「改造済み」の商品まで出品される始末

メーカー希望小売価格3,500円(税別)なのに転売品が5,000〜10,000円、改造済みが12,000〜18,000円とかなりの高騰ぶりでビックリなのですが、入札している人もいてさらにビックリ。

所詮ゲームなんですし、そんな大人気ない事をせずに純粋に楽しめないものなのかな?と疑問を禁じえませんでした。

まとめ

いかがでしたか?

社会現象を起こすほど人気なゲームなのはわかるんですが、ゲーム性もあってかチート行為が蔓延したり人身事故が多かったりと、ゲームそのものの在り方についても考えさせられますね。

今回は改造があった事を報告させていただきましたが、改造やオークション品の購入については自己責任でお願い致します。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事