メモリでどれだけ差がでる?まだ悩んでいる人は必見の「iPhone 7と7 Plusのアプリ起動速度」を比較した結果

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

どうしても欲しい人は予約して発売と同時に購入していると思いますが、初期出荷ロットは見送ってiPhone 7シリーズに乗り換えるかどうか悩んでいる方もいらっしゃいますよね。

そんな方の一つの参考になる、「iPhone 7とiPhone 7 Plusのアプリ起動速度を比較した動画」が公開されていたのでご紹介します!

かみあぷでも発売直後に動作を比較して7 Plusが一番早いという結果が出ていましたが、はたして同じ結果だったのか注目ですよ!

16個のアプリを起動する速度で処理速度を比較

ご紹介するのは以前「iPhone 6s vs Galaxy Note7」や「iPhone 7 vs Galaxy Note7」などのアプリ起動速度対決を公開しているPhoneBuffの最新動画。

今回の対決はiPhone 7と7 Plusで同じ最新A10チップを搭載しており、違うのはメモリ容量。iPhone 7が従来と同様の2GBなんですが、7 Plusは3GBに増えていることがどう影響するのか注目です

では早速見ていきましょう。今回も標準アプリの写真や設定アプリなどから始まり、ゲームアプリなど16個のアプリを2周分早く起動したほうが勝ちという方式でスタート!

Photo by Youtube

出だしは両者均衡、一瞬7がリードしたり、

Photo by Youtube

7 Plusが追い抜いたりと、ほとんどが差がないまま進んでいきます。

Photo by Youtube

最終的にはほぼ同着で、1周目(16個のアプリ起動)が終了。時間にして差は0.33秒なので、もう操作による誤差レベルですね。

引き続き2週目もほぼ差がないまま進んでいくのですが、

Photo by Youtube

ゲームアプリになると徐々に差が開いていき、7 Plusがメモリの差による実力を見せ始めます。

Photo by Youtube

そしてそのまま差は縮まることなく、7 Plusはフィニッシュ!

Photo by Youtube

その後遅れること10秒、7もフィニッシュしました。

Photo by Youtube

これをたったの10秒とみるか、10秒もと見るか意見の別れるところですが、動画見ると大きく違いが出たのは主にゲームアプリの起動でした。

と言ってもそこまで頻繁にゲームアプリを切り替えて立ち上げることはないと思うので、実質的にはそこまでメモリによるアプリ起動の差を気にするようなレベルではないかと思います。

ということで以前もiPhone 7と 7 Plusのどっちが買いかを記事にしましたがメモリ差は気にすることなく、結局「カメラ性能の差」と「サイズの違い」で選べば良いということが改めて分かりましたね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事