注目の純正Bluetoothイヤホン!「AirPods」は激しく動いても簡単に落ちないことが判明

投稿日:

by ryo

こんにちは、ryoです。

iPhone 7の発表と同時にApple純正のワイヤレスイヤホン、「AirPods」も発表されて話題となりましたよね。

このAirPods、見た目が今までのEarPodsに似ている事から、耳から落ちやすいのでは?と不安の声も上がっていますが、実際はどうなのでしょうか?

アメリカでのメディア向けイベントで実際に海外のリポーターが色々試していたので、その様子をご紹介します!

今までのEarPodsはすぐ落ちる

ワイヤレスイヤホンである「AirPods」は小さいだけに、外出先で耳から落ちてしまうと探すのも大変で困りそうですよね。

「AirPods」は「EarPods」を元に作られているだけあって、形もそっくり。

ただ有線のEarPodsは人によって合う合わないがあり、「すぐ耳から落ちてしまう」と感じている人がいるのも事実。

そのようなこともあり、かみあぷでも以前EarPodsが外れにくくなる工夫をご紹介したのですが、果たして今回新しく発表された「AirPods」も同様に落ちやすいのか気になりますよね。

「AirPods」は激しく動いても脱落しない

アメリカでは、メディア向けにAppleの新製品を手に取って試せる機会が設けられていました。そこで「AirPods」がどれだけ耳から落ちないか試した記者がリポートしていたので、その様子を紹介していきますよ。

まず最初はMacWorldの記者、Susie Ochsさん。

「AirPods」を手に取り耳に装着すると、その付け心地は「EarPods」と同じ感じであったそう。そのことから、「AirPodsもEarPodsと同様にすぐ耳から落ちてしまうだろう」と彼女は考えていたそう。

しかしいざAirPodsを装着した状態で踊ってみると、「AirPods」が落ちるどころか付け心地が変わらないほど安定していて驚き! その後もヘッドバンギングをしたり、頭を左右に大きく振ってみたものの、周りの人の声が依然として聞こえないくらいしっかりと耳に装着されていたそうです。

ここまで激しく動いても大丈夫であれば、普段使いはもちろんのこと運動の時にでも安心して使えそう。

続いてはUSATODAYのNatalie DiBlasioさん。

この方は動画付きでかなり分かりやすく見せてくれていますね。

動画を見る限り、ジャンプしたり、かなり激しく頭を横に振っているのですが、それでも「AirPods」はしっかりと耳に装着された状態を保っていました

見た目は全然変わらないように見えるのですが、たまたま試した方の耳と合っていたのか、それとも見た目では分かりづらい改良が加えられているのかは分かりませんが、少なくとも外れにくくなっているのは事実のようです。

もしAirPodsを失くしてしまったら…

いくら耳から落ちないとは言っても、不注意でイヤホンを片方だけ失くしてしまう事だってあります。

そんな時はAppleの保証を…!と言いたいところですが、紛失は保証対象外。「AirPods」にGPS機能などが装備されているわけでもないので、どこで失くしてしまったか分からない場合はもうお手上げ。

こうなってしまった場合には新たに「AirPods」を買わないといけないの?と思われる方もいるかと思いますが、そこはApple。紛失してしまった人向けにAirPodsの片方だけを販売する予定でいるそうです。

海外のいくつかのメーカーはそんなユーザーの心配を察知してか、落下防止用のストラップを発表。なんだか本末転倒のような気もしますが、失くすよりマシといったところでしょうか。

これどっかで見たことあるな〜と思ったんですが、そうだおじいちゃんのメガネストラップだ!

Photo by Amazon

そりゃ16,800円と決して安くない「AirPods」ですから気持ちは分からなくもないですが、できればこんなものを付けずに使いたいものですね。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事