【異例】Apple Store元従業員がセキララ告白!時給は?ボーナスは?iPhone発売日の様子は?

投稿日:

by yumi

Photo credit: keoshi via VisualHunt / CC BY-NC-SA

こんにちは、yumiです。

iPhoneを始め様々なApple製品の販売や、いわゆるサポートカウンターの「Genius Bar」が設備されているApple Store。

今回、そんなApple Storeの元従業員がインタビューを受け話題になっています。

ボーナスはあるのか?iPhone発売日の様子は?ジョブズが亡くなった時のストアの雰囲気は?など、Appleファンにとって気になる質問に答えていますよ!

Apple Store元従業員が赤裸々に語るのは異例

今回Business Insiderのインタビューに答えたのは2011年〜2015年末までの4年間、イギリスのApple Storeで働いていたA氏。

実はAppleはストア従業員に対し厳格な「機密保持契約」を結んでおり、このようなインタビューに元従業員が答えるのは異例中の異例なんだそうですよ。秘密主義のAppleですから、この点についてはあんまり驚かないですが…w

さて、A氏がなにを語ったのかさっそく見てみましょう(※A氏が語った内容は、全世界にあるApple Store共通のものではありません)

Apple Storeでの時給は?ボーナスはあるの?

A氏によると、Apple Storeでの時給は約8ポンド(約1,300円)。

接客業なので、例えば客に対し高価な製品を売ったら手当等があるのでは?とも思いますが、残念ながらそういったものはなく昇給もなかったそうです。

Photo credit: ** RCB ** via Visual hunt / CC BY

これは「ストアスタッフにインセンティブをあげて一時的に売上を伸ばす」という方法をAppleが嫌い、「必要としている製品を必要としている客にのみ売る」というポリシーがあったからだそう。

「iPhoneを買うならMacもいかがですか?」といった売り方もしなかった=昇給等がないので”する必要”がなかったとのこと。

Photo credit: distan via Visualhunt / CC BY-NC

個人的にApple Storeへは2〜3回行ったことがあるのですが、確かに自分が欲しいもの以外の商品を勧められた記憶はありません。それはこういった理由からだったんですね〜。

ジョブズが亡くなった年は…

さてA氏が働いていたのは2011年からですが、2011年と言えばスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった年。

A氏はジョブズが亡くなった時のストアは「奇妙でカルト的だった」とコメントしています。

Photo credit: tenz1225 via VisualHunt / CC BY-SA

ストアスタッフはみな悲しみに暮れ、店舗外壁にあるAppleロゴの明るさを通常の半分程度に設定していたそう。

これは欧米の習慣である半旗(弔意を表すために旗竿の最上位より下に掲げた旗のこと)と同じ意味でされていたとのこと。

Photo credit: Pancho+ via VisualHunt / CC BY-NC-SA

日本のApple Storeで同じようなことがされていたのかは分かりませんが、やはりストアスタッフにとってもカリスマを亡くすというのは大きな出来事だったようです。

どんな人がApple Storeの店長になれるの?

A氏によると働いていた4年間で店長が5〜8人入れ替わり、そのほとんどが家電量販店のDixconsやCD販売店のHMVからの転職者だったとのこと。

Apple Storeスタッフから店長に昇格するのは難しく、製品の知識が豊富で販売成績がトップだったスタッフでも店長になることはなかったそうですよ。

Photo credit: Grant_Robertson via VisualHunt / CC BY

なんとも不思議な話ですが、ここにもなんらかのAppleのポリシーがあるのかもしれませんね。

ちなみにApple Storeで比較的給与が高いのはGenius Barなどで働く技術スタッフとのことですが「客は製品が使えなくなった等で怒りながら来店し、ヒドい言葉を投げかけてくる。給与が高くてもそのポジションに就きたいと思うスタッフはいなかった」そう。

Photo credit: pfig via VisualHunt.com / CC BY-SA

いわゆるクレーム係も兼任しているイメージですし、これは確かにキツそうなポジションですよね(;´Д`)もし製品がいきなり動かなくなっても、Genius Barスタッフには丁寧な態度を心がけたいところです…w

iPhone発売日のストアの様子は?

A氏はiPhone 4SからiPhone 6sまで5回のiPhone発売を経験。発売日当日は「狂気」と言えるほどの多忙ぶりだったそう。

さらにストアスタッフでも新型iPhoneを先に触れる…ということはなく、「発売日前夜までiPhoneは運ばれてこない」「新型iPhoneを初めて見るタイミングは客と大差ない」とのこと。

以前、行列が許されていた時はストアスタッフとハイタッチして入店…なんて光景を良く目にしていましたが、「俺もやっと新型iPhoneを見られるぜ〜」という喜びも含まれていたのかもしれませんw

ということでApple Store元従業員のインタビューの模様をご紹介しました。謎が多いAppleの内情ですが、やはりAppleらしいポリシーが至るところで感じられましたね…!

yumi
Photo credit: keoshi via VisualHunt / CC BY-NC-SA

関連記事