まさか人工知能…?Google検索である言葉を入力すると、マルバツゲームができるぞ

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

先日Googleの公式ブログで「Search is a Jack of all trades」という記事が公開されたのですが、どうやらGoogle検索で「ある言葉」を入力すると、なにやらゲームができるそうなんです。

早速どういうものなのか見てみましょう。

検索ワードは「tic-tac-toe」

ブログでは「tic-tac-toe(マルバツゲーム)」というキーワードが書かれ、

「If you’re looking for something a bit simpler, tic-tac-toe is your best bet.」
(シンプルな何かを探しているなら、マルバツゲームはオススメです。)

と表現されています。

Googleには過去にもこのような遊び心を実装しており、「do a barrel roll」で画面が回転したりするのは有名ですね。

さっそく検索欄に「tic-tac-toe」と入力すると…検索結果画面に「マルバツゲーム」が表示されました!

一番上に難易度があり、「難易度:低」「難易度:中」「難易度:高」「友達と対戦」を選ぶ事ができます。

「友達と対戦」はもちろん画面上で友達とやるわけですが、「難易度」が指定という事は…まさか相手はGoogleの人工知能かもしれません。

最近は人工知能が将棋や囲碁で名人に勝つなんてセンセーショナルなニュースもありましたからね、かみあぷ代表としてこのGoogle人工知能をマルバツゲームで完膚なきまでに叩きのめしてやりましょう!

それでは「難易度:高」で先行の「×」でスタートします。

最初は左下角に「×」を置きました。相手が真ん中以外なら勝利確定なのですが…見事に真ん中に置いてきました。

当然この時点で引き分け確定、100回先行をプレイしましたが、全部引き分けでした…おのれ人工知能…。

次は後攻で100回プレイ。人工知能も当然角からスタートするので、筆者は真ん中に置いて…が延々続き、結局全部引き分けに。

200戦0勝0敗200引き分け…という結果に終わってしまいました…非常に悔やまれます。

ちなみに「難易度:低」「難易度:中」ではフルボッコにできたので、「難易度:高」以外ならそれなりに楽しくプレイできそうです。

まとめ

いかがでしたか?ゲームプレイしかできないので、まぁ相手は人工知能ではないのですが、暇つぶしにはなかなか面白いと思いました。

マルバツゲームに自信のあるかたはぜひプレイしてみてくださいね。

マルバツゲームはコチラ


関連記事